ブログトップ

ドイツ語のある暮らし

結婚記念日

結婚記念日が間近に迫った頃
突然「ね、あなたが欲しがっていたアレ買おうか?」と夫が言った
しばし 私の沈黙
・・・
私「欲しいなあ~プレゼントしてもらいたいなあ~」
夫「えー? 今更まだ欲しいものがあるの?もういいんじゃないの?etc...」
私「まあそうなんですけどね~ モノはいっぱいあるし~
  でもモノじゃない気持ちなんだけどな~・・・
  女心をわかってもらえないのかしら?
  あ、でも気持ちにモノを添えていただくと 嬉しいかも~♪」

などなどの会話あり
まあどっちでもいいやーとあきらめて、すっかり忘れていたものですから
しばし 返答に困ったのです


          *****

せっかくその気になってくれたので
じゃ行こう!となりまして 先日出かけてきました

ちょうどお店に入るなり ステキ!これいい!と思うものが目に飛び込んできて
即、決定!
 
それがどんなものかは・・ひ・み・つ・です ((#^^#))


私はお返しに?! アップルパイを焼きました(と言っても短時間での超簡単なやつ!)
でも美味しく焼けました
お客様も来ていたのでみんなでお茶しました
「私たち無事これまでやってきました 皆さんこれからもどうぞよろしくお願いします」の気持ちです

昔 
娘が「お誕生日の日にケーキをやいて職場の人たちにお礼を言った」と話していたことがあって
私はその時「へ~!」とびっくりしたけど
考えてみれば 人は一人では生きていけないものだし
皆の助けやつながりの中で 今の自分があるのだから
そういう気持ちを彼女は素直に顕したんだなあ~と 嬉しくなったことを思い出しました


d0339028_12390273.jpg

”超簡単アップルパイ”

リンゴのコンポートにシナモンをいれ
○○会社さんの冷凍パイ生地に包んで

なんとオーブントースターで焼きました

上からの火加減が強かったのであわててホイルをうえにかぶせました
色々試行錯誤中なので
まだまだ改善の余地はありますが
そのうちに
超簡単で私好みの超美味しいアップルパイを皆さんに紹介しますね


PS,またまた美味しくいただいてしまいました!
なかなか体重減りません
近いうちに検査があります
結果がこわいです



                     今日も来てくれてありがとう!


[PR]
by bienes | 2017-03-19 12:57 | 家族 | Trackback | Comments(4)

孫っちたち来ない!

春休みが近づいてきたので
「みんなで遊びに来ない?」と 孫①にメールを送った
返事は「嬉しい~行きた~い!みんなに言ってみます」
「お父さんやお母さんともよく相談してね」とメールをして楽しみに待っていた・・・

なかなか返事が来ない・・・

しばらくして孫①から
「孫②君と孫③君は行かないというし 孫③ちゃんはやることがあるから行かないんだってー
 だからごめんなさい 今回は行けません」と返事あり
「残念! ①ちゃんじゃあなた一人でもいらっしゃいな~」
「でも一人じゃちょっと寂しいし・・」
「じゃもう一度③ちゃんを誘ってみたらどう?」

・・・しばらくしてメールがあった
「やっぱり③ちゃんは行かないというから 今度また!」

今年大学生になるお姉ちゃんはしっかりしています
可愛い娘に成長しています
②君は 声変わりをして見上げるくらい大きくなって今高校受験真っ最中
③ちゃんもすっかり女の子らしくなって敬語を使うのでびっくりしました
④君は元気な好奇心旺盛で元気いっぱい
みんな大きく成長してしまい?ました

おじいちゃんおばあちゃんのところに来るのが楽しみだった時のことが
はるか遠くの昔のようであり・・・
ついこの前のことのような・・・

孫育ちをのぞむじいじばあばは ”孫離れ”をしなくてはなりませんね
「あ~あ、来ないんだ~」と
期待が大きかった分がっかり度も大きかったじいじはがっかりしています

昔父と母が娘と息子を遊びに連れて行っていいか?と 何回か頼みにきて
とても楽しそうに出かけていた光景を思い出しました
一度だけブルートレインに乗せたいと言った時に何かの理由で断ったのを思い出して 
きっと残念だっただろうに・・ ごめんねと
今頃父と母の思いが心にしみてきました

こんなことを繰り返しながら
人生を 皆 生きていくのでしょうね


          **********


さて 孫っち達は遊びに来ないということなので
私は もう少し暖かくなったら どこかへ出かけます

沢山はまだ歩けないので近場か 車でどこかへ!
人生楽しみます~♫

d0339028_21374569.jpg

丹波ちりめんのタペストリー

春ですね


今日も来てくれてありがとう!




[PR]
by bienes | 2017-02-25 21:43 | 家族 | Trackback | Comments(14)

はじめてのおつかい

新年恒例の「はじめてのおつかい」をTVで観ました
いつ観ても かわいいなあ~
おつかいに行かせたい親となかなかその気になれない子ども
何とか出発しても途中で引き返したり・・さまざまなハプニングが起こって
ハラハラドキドキ
でも最後にはお買い物をしてお母さんやお父さんの待つおうちにもどってくる

おつかいのどの子にも途中ドラマがあるけど
いつも思うのは
親が思うほど子どもはやわじゃないっていうこと!
どの子も以外にしっかりしているし 生きる力は秘められているということ!
(子育てを客観的に観れる年齢になったからかしら?)
親だけが 心配しているのかなあ~って思う


          ******


はるか昔むかしの事を 思い出した

その日 私は家で熱を出して寝ていた
とても料理などできる状況ではなかった
そこで娘に言った
たしか 4歳
「ママはお熱、何食べたい?」
「ハンバーグ」
「じゃ お肉屋さんに行って買ってきてくれる?」
そう はじめてのおつかい!!

雨の日だったと思う
傘をさして 社宅の前をすすんで信号のある歩道をわたるとお肉屋さん
すぐそこなんですけどね いつも保育園の行きかえりに寄るお肉屋さんです
「おねえちゃん 行けるかな?」
しばらく考えて娘は「うん いく」と4階の階段を下りていった

私ちょっと心配しましたが 何しろ熱でもうろうとしていましたから~
見送ることもしませんでした

・・・しばらくして ガチャガチャ玄関の重いとびらの開く音がして
「ただいまー」
ちいさな籠の中には 確かに品物とおつりが入っていました!
あの時は うれしかったな~
娘はにっこり なんだか自信にみちて一回りおねえちゃんになったように見えました


   【むすめの後日談】
「信号ははきちんとわたったよ
おにくくださーいといったけど おばさんやおじさんもへんじしないの、
 (娘は特別チビなんです きっとショーケースの下で 仲からは見えない
  おまけに車の音が大きくて 娘の声がきこえなかった?)
なみだがでそうだった
でもね おつかいだから
おにくのガラスをドンドンして なんかいもいったよ
そしたら おばちゃんが ”はい”ってきたよ
ママのおてがみわたした
いいこだねって あたまなでなでしてくれたよ
おつりおとさないでねって」

(大人になってもこのときのことはよく覚えているとか)
そーだったんだね~
勿論 パパが帰ってきて報告しましたよ
その日の夜は娘の買ってきたものと・・・あとはは覚えていないけど(#^^#)

さて その娘はもう4人の子の母
こどもたちに どんな初めてのおつかいをたのんだでしょうか?
こんど会った時に 聴いてみようと思いました

d0339028_20500995.jpg

暖かな小春日和です


今日も来てくれてありがとう!


[PR]
by bienes | 2017-01-10 21:00 | 家族 | Trackback | Comments(4)

寝正月/紅白

今年も寝正月!
と言っても 私じゃありません 夫です
しかも”旨いものを喰っててTVのまえでごろ~寝” なーんてもんでもありません
元旦から発熱、休日急患診療に連れて?!いきました
まあまあ これでトリプルなんですよ
私は?って?
勿論 介護ーいえ看護です
(看護と介護を間違うのは・・将来への不安があるからか?)

と、まあ夫への文句はこのくらいにしておきまして(#^^#)

          ・・・・・・・・・・

去年の大みそかの紅白歌合戦はごらんになりましたか?
他局でもいろいろ趣向を凝らしてくれていますけど
やっぱり 紅白を観てしまいます
「例年にない斬新なプログラムだ」とか「いやNHKらしいものをやってくれ」とか「タモリとマツコを普通にコメントさせてほしかった」とか・・よかった感想今一つの感想といろいろあったそうですが
視聴率40%超えはすごいらしいですね

途中ウトウトしたり片づけをしたり全部はしっかり観ていないけど
こころに残ったことの一つ・・・
熟年女性の生きざまを垣間見たような気がしました
「坂本冬美」”夜桜お七”と「大竹しのぶ」”愛の賛歌”そして「石川さゆり」”天城越え”は圧巻でした
この一曲にかける歌い手としての・女としての生きざまみたいなのを感じてしまったのです
(勿論他の出場者のみなさんもそれぞれによかったしすてきでしたけどね)

どの道を生きてもそれに顕れる生きざま
ー表そう現そうとしなくてもにじみ出る・顕れるものってあるんだなあーと思いました


           ・・・・・・・・・・

夫は今日いただいてきた薬が効いたのか やっと眠れているようです

今年の目標は やっぱり 健康ですね

はいそれが一番です!


d0339028_16153327.jpg


なんとひどい画像ですが
月と金星(宵の明星)が並んでいました
携帯ではうまくとれるはずがありませんが
でもとっても素敵で
しばし見とれてしまいました!
昨夕のこと


今日も来てくれてありがとう!




[PR]
by bienes | 2017-01-04 16:26 | 家族 | Trackback | Comments(4)

夫の助け

今日はちょっと書かせてください(#^^#)

大きい声で面と向かっては 言えないので こっそり?書きます


退院してきた当初は ある意味忍耐の日々
トイレに行くのがやっと
(これだけは他の人に代わってもらう訳にはいけませんし、我慢も出来ませんしね)
思うようにならないことばかりで・・・
  一度だけ夫にあたっちゃいました!
  退院したら不自由さの中で どんな自分がでてくるか?楽しみでもあり・・
  なんて言っていたのは 自宅での暮らしが始まったら吹っ飛んでしまった!


今は
つつがなく
毎日がとどこおりなく
それなりの暮らしができるようになりました


工夫をこらしても できないことはできない!
頼るしかありません 夫に! 友人にも!
現実を受け入れて とにかく治るまでこの暮らしでやっていくんだなあと
腹を決めました

夫も 腹を決めてくれたのでしょうか?
よく世話をしてくれます
まあとにかく 結婚以来 初めてですね~
こんなに世話をしてもらったのはね

食事・買い物・シャワー・洗い物などなど
お掃除はほどほどですがー (今は気になりませんよ)
彼の布団は敷きっぱなしー (すみませんね 私がベッドを独り占め^^;)

昨日
「シャワー気持ちよかったわ~」というと
「妻が機嫌が良いのが一番」とか

  ははは~
  どんだけ私が文句言ってるねん?
  感謝はすれどあんまり言ってないでしょ?
  あ、でも時々・・・ありましたね
  今は一切ありませんよ~
  (心の中で つぶやきました(#^^#))

「こんどはいつか 私が おむつを替えてあげるからね~」というと 彼 笑っていました
(この歳になってくると こういうことも言い合えるんですね~)

まあ、そんなこんなで
今日も無事 一日が終わろうとしています

d0339028_17302043.jpg


                    最後までよんでくれてありがとう!


[PR]
by bienes | 2016-10-31 17:37 | 家族 | Trackback | Comments(6)

父の命日に

父を見送って 9年になります
お墓には遠くていけませんから お仏壇で合掌

もうずいぶん経つのに 父のことが鮮明に 私のこころに 時々顕れてきます
厳しい人でした 
努力の人でした
情の深い人でした・・

晩年 癌になり手術をしましたが再発 再び手術 3か月後に亡くなりました
3年生存率は50%に期待をしましたが (しないほうの50%でした)
セカンドオピニオンも勧めたけれど 昔気質のひとで
「主治医に申し訳ない」と言いました
再発した時も 出向の医者が「私の大学病院に紹介しますよ」と言ってくれたのに本人は断りました

余命数か月の頃
たまたま近くに総合病院が出来て そこに転院・通院
やがて入院 3週間くらいでなくなりました
痛かったしきつかったこともあったでしょうが あまり言いませんでした
死を受け入れているようでした
「これが運命だ やり残したことはない ・・ただ母さんのことが心配だ・・」


いろいろ思い出されますが こころに残るのは
晩年いっぱい話しができたことでしょうか
そして何よりも最後の最期まで”生きざま”を 身をもって教えてくれたことでした
親として 一人の人生の先輩として・・

父が2度目の手術をしてから 母も体調を崩していたので 遠距離看護
そして最期の日々を病院のベッドの横で看護
そんな中で 人生の事・生きるということ・死ぬということ・・いっぱい沢山の事を伝えてもらったような気がします

晩年 あんなに厳しかった父が穏やかでした
戦争で満州に行った事・新婚時代の事・私たちが生まれたときのことなどいっぱい話してくれました
時には2時間近くも「あー疲れた 楽しかったけど今日はおわりー」という日もありました
私も始めて聞くことが多かったです
そして 数か月後 母のことを私たちに託し
私たちを抱きしめて有難うと言って 出発して 逝きました


病院のベッドのそばでいろいろ話している時 言いました
「箱がひとつある お前が読んだら燃やしてくれ お前が読んでくれたらそれでいい」

私 父を見送った後で その箱を開けました
昔の私や孫たちからの手紙や赤茶けた育児手帳 自分史・日記や写真の切り抜きなどが きちんと整理されてありました
夫や妹や孫たちに「観る?」と聞いたけど
「代表して読んで 燃やして」と言われました

でもまだ 燃やせていません いつでもその気になったら燃やせるし~と
モノは 誰かに使ってもらったり欲しい方に差し上げたり 焼却場に運んだりしましたが
父の思いが詰まった(と感じる)ものは まだ燃やせません
何なのでしょうね 以来観ていないし
箱には再びガムテープを張って押し入れの中に入れたままなんですけどね・・


父の真似をして
まさかの時のために メモを書いてあります
 「いざとなったら救急隊員の人にみせてね
 意識の無くなった時に緊急入院したら Dr.にこれを必ず見せてね」と夫にも伝えてあります
 子どもたちにも伝えてあります
 「人生いつ何が起こるかわからないからね~」と
内容は必要以上の延命治療はいらないとのこと


  そうそう ”脳死の場合の臓器提供の意思あり”も免許証の裏に書いてあります
  これは若い頃から考えていることですが
  ただ どこもかしこも最近ではメンテナンス必要となり人様に使ってもらえるようなものはないかもしれませんが
                                             (#^^#)


          **********


先日息子が遊びに来ました
彼が仏壇に手を合わせている姿
横に飾ってある夫と私の両方の親たちの写真がふと目に入り 
こうしていのちって繋がっていくんだな~ってしみじみ思いました


「仏さまにお願いはしない方がいいのですよ
お願いばかりをしていると 仏さまに心配をかけますから
いつも見守っていてくださってありがとうございますと感謝して手を合わせましょう」と
いつかの住職さんのお話が心に残っていて
以来 「いつも見守っていてくれてありがとう」チーン!です



                     読んでくれてありがとう!

  

[PR]
by bienes | 2016-09-20 22:52 | 家族 | Trackback | Comments(4)

ダンナさんが 膝が痛いという。
あんまり痛がるので、病院へいってみたら?と勧めた。そしたら~
最近 週3回ぐらいでスピードウォーキングをしていたのが原因だとDr.がいったそうな
え?ほんとう~?
たかが 30分~40分でほんとにそうなる~?
足腰の弱いわたしでも歩ける速さだから、そんなにスピードは出ていないとおもいますけど~

 ちゃんとダンナはDrに症状や経過の説明をしたのだろうか?
(まあそれも一部にあったかもしれないけど そうなるには他にも原因あるんじゃないの?と思うのだけど~)

ダンナさん、最近あっちゃこっちゃが痛い痛いというのが多くなった
以前は風邪もひかない人だったのに 
そして 通院の多い私のことを「もっと自己管理して~」なんて 言っておりましたのに
最近は ちょっと熱が出たり、腰やひざが痛くなると
まるで ”この世にこれほどのことが起ころうとは~”のような騒ぎようで
  ~私 心配もするけど、もう呆れています~
ダンナは 痛みに弱い! 男のひとって皆 こんなんですか? 
(いや 失言。うちのダンナさんは特別かもしれませんゆえ)

とにかく そういうわけで 今後は私一人で散歩行きます~!
このところ 体重も減ってきたし食事量も落ち着いてきて 快調!
これなら体脂肪を20キルことも夢ではないかも~(来年の目標emoticon-0136-giggle.gif

  ちょっと落ち込んで(?)でお昼寝しちゃったみたいだから 
  私はそーっと本屋さんへ行ってくることにします ただし車で

人生この歳になってみるとますます 本当にいつどうなるか?何がおきるか?わかりません

d0339028_13401926.jpg
               これはこれで 風情があります (初冬のすすき)

***Deutschでは 今副詞を覚えています。うまい覚え方あるかしら?
   時々英語と似たのが出てくるとほっとします


[PR]
by bienes | 2015-12-19 13:55 | 家族 | Trackback | Comments(0)

 Guten Tag!
画像の挿入できました!

自力ではどうにもならず Help! しました 
ダンナ「変なところいじるからだー」と ちょいちょいといじって はいOK

私 PCはちっとも進歩しません
ブログも10年近くもブランクだとすっかり・・なかなか思い出せません
だから今は 本当にぼちぼちです

今日職場の若い子に
「年取るとほんとに見えないんだね~」と 嫌味でなく(そう受け取りましたが)
確かに 眼鏡もだんだんと合わなくなってきていますし
根気も持続性も記憶も低下中
(でも気持ちは若いですよ♪)

 正直、(PCトラブル発生するとお手上げです) ダンナいてのPCかも~ と思いました
   (この話ダンナには内緒!)


              そういうわけで 遅ればせながら大好きな海と空の風景を!
d0339028_12543429.jpg
             実はこれは油絵です
             あまりに素敵だったので撮らせてもらいました(了解済)


[PR]
by bienes | 2015-10-29 13:27 | 家族 | Trackback | Comments(0)