ブログトップ

ドイツ語のある暮らし

世界は広い! 人間って素晴らしい!

ちょいとTVをつけたら青い海と空が映った
≪地球一番≫という番組で 『地球最後の航海民族』 
~太平洋のうつくしい小さな島にすむ300人の暮らしの風景だった
d0339028_21512421.jpg

村人が全員集まって 台風で食料がないとなりの島に食べ物を届けようとなって
昔からの知恵を使って 嵐のあいまに船を出す
「ポ」という名をもらった航海士を中心に7名の村人が帆舟で行く
レーダーもモーターもなく星と風と波をたよりに170キロ向こうの島をめざす 

d0339028_21531176.jpg
d0339028_21555049.jpg
(ふとこれを撮影しているのが 
となりを航行している日本のN○Kの取材クルーの大型船だと気が付いた
ー安全のため並走したとのこと  小さな帆舟の横に大きな船
 ちょっと違和感があったけど でもそれでないと取材できないのだから・・ )

ま、そういう背景を差し引いても
 ≪感動≫した

電気もないが うつくしい自然(dir schoene Natur)がいっぱいあった
魚を採ると 村のみなで分け合った
となりの島で食べ物がないと知ると 食べ物を集めて危険を承知で船を出した
海の中で魚のように遊ぶ子供たちの笑顔
始めて舟を作り海に出たこどもを「自分のこと以上に嬉しいよ」と見守る親
・・・ほんとうの幸せ(ein wahres Glueck)って何だろう・と 改めて思った

  番組を観終わって・・ふと この子供たちは将来どんな選択をするのだろう?・・と 思ったが・・  

[PR]
by bienes | 2015-09-30 22:36 | 世界・地球 | Trackback | Comments(0)

眠れない夜・・

更年期のきつい時期はもうすっかりこえたけど、
いくつかの症状と折り合いをつけて 生きている
(一番きつかったこころのざわざわは 今はない)

でも ただ なんだか夜眠れない!

母の体調が悪かった時は 夜中起きなきゃならないから 導眠剤は棚上げできたけど
いっぱいいろいろ浮かんでくると 体は眠たそうだが脳が活躍
(となりでいつも爆睡の夫がうらやましい・・ものの5秒もあれば夢の世界だもの)

体調が悪くなるより 薬のお世話になったほうがいいや~と 
マイちゃんかデパちゃん(薬たちをこう呼ぶ)の力を借りる
副作用?・・う~んあるかもしれない 薬だもんあるでしょうね~
でも私には 眠れないほうがよっぽど きつい

『飲まないと眠れない。飲むと眠れる』というこころからきているのだとは思うのだけど
お布団にはいって「あっそうだ!」と思い出すと 意気地のない私は引き出しをごそごそ
共働きで子育てに夢中の頃は バッタンキューだったのに・・

まあ人生いろいろありますわ

Wechsel jahre (更年期) Klimakterische Stoerungen (更年期障害)
どこの国の人たちも 自覚症状あるんだね 人はみな同じことにぶつかり超えていくんだね



[PR]
by bienes | 2015-09-29 19:46 | いのち・健康 | Trackback | Comments(0)

中秋の名月 そして スーパームーン
今日は月の画面にしてみた
やっぱり Ich bin Japanerin.

こんなに丸い月をみると 思い出す 
叔父に「ウサギがいるよ!」と言われ、本気で毎晩月の中のウサギをさがしに行ったこと
かぐや姫の話をきいてから、ドキドキして竹林を歩いたこと
団子とすすきを飾って~その団子がめちゃ美味しかったこと・・・ホントあんこって毎日でなかった時代だから(^^)

今宵も月を愛でよう!
そして今宵は『世界平和』に願いを馳せよう!
(安保関連法案が強行採決され・・・・ついに軍備を強化する方向に動き始めたこと
・・・・なんだか怖い おわりのはじまりが始まったのか?・・・・いやそうはならないようにしたい!から)
 
Die Freiheit und der Freiden (自由と平和)
子供たちがいつまでも夢を描ける世界でありますように! 



[PR]
by bienes | 2015-09-28 13:34 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

今年になってから 足が痛い とにかく痛い
整形に行ったが ドクターはあんまり相手にしてくれない(?!)
痛み止めとシップと一言「つちふまずのある靴にしなさい」を 処方してくれた
でも 今のところ どれもあまり効果ない!

そういえば 母がよく言っていた「足が痛いのよ~」
その時の私は あんまり相手にせず、
ドクターが「年だからねえ」というのをまに受けて「母さん年だって~」とおうむがえし

  母さんごめんなさい!
  本当に足が痛いって 大変な苦痛だったんだね
  今はわかる シップを足の裏にいっぱい貼っていた母さんのこと

モートン病??(ドクターは何も言わなかったけど、ネットで調べてみたらこれかな?・・)

靴を求めて何千里?!
 ああシンデレラのように ぴったり合う(足の痛くない)靴がほしい!!
 So ein schoenes Schuhe moechte ich auch! (そんなステキな靴が私もほしい) 

[PR]
by bienes | 2015-09-27 23:02 | いのち・健康 | Trackback | Comments(0)

断捨離、シンプルな暮らし、ときめきのお片付け・・・みんないいこというなあと
今までに何回も お部屋を片付けた
でも今も、やっぱりモノが多い
引っ越しをチャンスと片づけたけど
父や母のモノ(かなり厳選したのですけど~)がまたふえて
あらあら~っていう暮らしだった

先日『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』っていう本を見つけ、読んだ
・・(買っちゃったんですけどね)・・
モノが少ないと幸せだし、人生も動き出す…との経験が本の中で語られる
読み終わってむずむずしてきた
もちろんこの本は図書館へ寄贈(受け取ってくれればだけど)
引き出しやタンスの中も見直し中!

私には 大きな勇気はないから ちょこっとずつだけど
机・ボックス・本・食器・文具・服やバッグと整理処分していくと・・

なんだか 楽しい! 少なくなるのがうれしい!
(どんだけ持っていたのか?~まあ平均よりは 少ないと思っていましたが)
同じようなモノや 日ごろ使っていないモノもあります
そしてやっぱり 趣味や 好きなものは多いです
(だんなに ムカデじゃあるまいし どんだけバッグを持っているのか?と言われたことがあるけどね)

いつの間にか その好きなモノ・大事だと思っているモノに≪支配≫されていたのかも

the simple life !
das einfache Leben!


[PR]
by bienes | 2015-09-26 21:06 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

秋日和

なんて爽やか秋日和
お散歩
コスモスが風に揺れていた
声がするようだった
d0339028_14562741.jpg
d0339028_14562783.jpg




d0339028_16144482.jpg

嬉しいな、友からジャムが届いた!
お墓まいりに軽井沢へ行ったお土産

私もこの間お墓参りに行って来た
こころがほっとした


[PR]
by bienes | 2015-09-26 13:20 | Trackback | Comments(0)

4人に1人は癌という病になるとのデーターを聞く
最近『がんです』と発表する人が多い
知らせることで病を受け入れ、治療や暮らしをよりよいものにしていきたいという考えが多くなったのかな

私も近しいひとを 何人かがんで見送った
自分自身も がんではないけど突然byebyeするかもしれないものを 今体の中に持っている
定期検査はしているけど
いつまで生きるか?明日どうかなるか?は わからない
(そんなことを言えば 病以外に 想定外に突然事故はおこるし 誰にも明日のことはわからないのだけど)

最近思うのは 
(何かが起こったら 意気地のない私は その時 じたばたするかもしれないけど)
せめて今は 毎日を楽しく前向きに精一杯生きていよう!と
いのちや病・死について 特別なことでなく 今の延長線上にあり 
それを考えることや思いを馳せることって
その時が来るまで よりよく生きようとする意志に繋がっているなあと


今更だけど 
生きるって楽しいこと! 
生きているって うれしいこと! 
Freude am Leben haben! Das Leben geniessen!   ・・ (こんな表現でいいのかなあ・・?)



[PR]
by bienes | 2015-09-25 13:15 | いのち・健康 | Trackback | Comments(0)

Deutschが難しいとまず思ったのは 名詞の一つ一つに ≪性≫があるということ
Vater(父)やMuter(母)は、その通り男性と女性名詞だけど
シャツが中性でdas Hemd
ブラウスが女性でdie jacke
スカートが男性でder Rok
パンツ(ズボン)が女性でdie Hose
スカーフが男性でder Schal
ネクタイが女性でdie Krawatte ・・・ などなど

先生が言うには 
「さあ なんで性別があるのでしょうね きっとドイツ人も答えられないでしょうね 
ちょっとしたヒントやコツがあって予測はできますが、とにかく 覚える・覚える・覚えるーこれしかありませんね~
でも FranzosischやSpanischに比べると簡単ですから~」と

「どうやってドイツの人たちは覚えているのですか?」と質問したら
「それは育つ環境でしょうね~」と先生
確かに ≪日本のわびさびの世界≫も
日本で生まれ育つ中でなんとなく日本人のからだに染みついているようなものですものだから・・

≪名詞の性≫のことはとにかく覚える!
ということで納得したが
その名詞が更に ≪格変化≫するらしい!
~~~ 頭がごちゃごちゃに!

けど 楽しい!
Deutsch zu lernen macht mir Spass♬ 


[PR]
by bienes | 2015-09-24 22:13 | ドイツ語 | Trackback | Comments(0)

先日TV番組で『老衰』をみて なんだかとても感動してしまったが
(母のことを思い出して・・・)
でも、いつも観ているアピタルの【町医者だから言いたい!】長尾和宏医師の記事や 長尾医師のブログを読んで
「ちょっと待てよ、一言では語れない終末期医療の現状なんだ」と思った
・・・・TVは製作者側の意図がある
長尾ドクターは現場の医師や職員家族は素晴らしいが、『はじめに結論ありき!で作られているようだ』といっておられる
「う~ん そうかもしれない」と思ったなぜなら すべてがうつくしくうまくいっていたから・・
『現場は 実際はもっと悩み苦しみ混乱し、その中でみんな葛藤しながら次を見出そうとしている』~そんなことも言っておられたように思う

何かを判断するときに
ちょっと冷静になって 物事を観る・考えることの大切さを 改めて思った
感動・納得それはあるとしても、事実はどうなんだろう?と
自分のこころに探っていく姿勢が大事なんだと

Gedanke ist nicht ein!
考えは ひとつじゃない (このDeutschの表現 間違っていないかな?)

und Neues muss nicht immer richtig sein!   そして ニュースが常に正しいとは限らない




[PR]
by bienes | 2015-09-23 22:01 | いのち・健康 | Trackback | Comments(0)

昨夜あるTV局で老衰死の番組を観ました
母を見送った時のことを思い出しました

家で「この頃 本当に食べられなくなってきたのよ」と言い始めて・・・よく眠るようになって・・
熱を出して入院(免疫力低下ー感染症?)
食べない飲まない母を心配したけど 
ドクターは延命治療をするかどうかを確認した後で(本人も家族も自然に!を望みますと答えました)
「これでいいのですよ。からだが欲していないから。全部使い切って逝かれるのだと思いますよ」と
痛みについてもドクターは
「おそらく脳が痛みを感じていないと思います。必要な時は痛み止めを使いましょう」と・・
実際「痛いところはないの?」と聞く私に
母は「どこも痛くないよ。ねむいだけ」と答えていました
ある日「今日はなんだかへんだわ」と言って それから何日かして旅立ちました

今も思い出します 鮮明に・・
夜中中寝返りをうって タオルケットや酸素マスクもいらないと何度もはずそうとしたこと
どうしてもポータブルトイレでおしっこをしたいと目と手とかすかな言葉で訴えてきて
夜中ナースコールをして 2人がかりで抱いてポータブルに座らせたら 真っ赤なおしっこをしたこと
すっきりした表情でねむって
そして 朝方旅立ったこと

平穏死だったんでしょうね
母はいのちを全うしたんでしょうね
改めて そう思いました

・・ドイツ語にも平穏死や老衰死ってあるのでしょうか・あるのでしょうね



[PR]
by bienes | 2015-09-21 22:59 | いのち・健康 | Trackback | Comments(0)