ブログトップ

ドイツ語のある暮らし

年末美化・お掃除

今年は大掃除はしないぞ~と思っていたけど
(少しずつ毎日やっていたら 必要ない!と)
でもやっぱり 年末になると気になってごそごそした
文具類の引き出し・換気扇・靴・雑貨etc

カーテンは秋に洗ったし 窓は寒くなる前にきれいにしておいた
写真類や書類・衣類・小物もたまに整理してきたからいまのところ大丈夫
だから特に大掃除はいいやと思っていたけど
天井の隅っこが気になるし うっすらとしたほこりも目についてきたし
やりはじめると あっちこっちが気になる気になる!

なんだろう?年末になるとやっぱりどこかお掃除をやり残しては新年を迎えられないような気分がわいてくる
ふと親たちが年末の大忙しの中 せっせと大掃除していたのを思い出す
幼いころは遊びたいのに今日は窓・明日は台所・その次は庭の木の片づけ・壁磨きと~いろいろやっていた
「おとなになったら 大掃除をしなくていいように 秋にやって 年末とお正月はゆっくり過ごすぞ~」とあんなに決心していたのに・・
この年になって ちょっとこざっぱりして新年を迎えたくなったのは不思議!

自分で節目をつけるというのも大事だし
まあ無事に1年過ごせたことに感謝して 心新たに新年をむかえたくなったのかな?
片づけていると 1年を振り返れるし 心の整理もできるのかな?
何より 片付いた部屋は気持ちがいい!

でもとりあえずもう 今年はおしまい
明日は簡単掃除をして おせちとお出かけ準備

d0339028_23013697.jpg
                   お気に入りの一角
                   寝る前にパラパラとドイツ語のテキストをみます
                   お気に入りの本を読みます




[PR]
by bienes | 2015-12-30 23:08 | お片付け | Trackback | Comments(0)

クリスマスの約束♬

Froehliche Weihnachten! emoticon-0166-cake.gif

今日は小田和正さんの”クリスマスの約束”emoticon-0159-music.gifがある
さて 今年はどんなふうなのでしょう?
はじめは お手紙を書いてもお返事もいただけなかったり 丁重に参加を断られたり~
自分がそういう生き方をしていたと振り返りつつ、でもあきらめずに続けていったこと
そしてだんだんと・・

毎年の構成は新鮮で 
おととしの沢山のアーティストによるノンストップの歌声30分
観ているほうも 息をもつかずの圧巻だった
(あの 第九にも負けないくらいの~)
数か月の準備もドキュメンタリー風に流されていたけど、どのアーティストも小田さんから渡された楽譜を歌いこなすのにかなり練習が必要だったとか・・
(あの藤井フミヤさんも 1回目途中でギブアップ でもその1週間後には完ぺきに歌っていたそうです・・・これは小田さんの話)
歌い終わったときの皆さんは やり切った感であふれて 私もしばらく感動の中にいました
そして昨年は 今までを振り返ったものでしたね

d0339028_22290185.jpg

     夜中12時に始まるので 今年もビデオ予約! 
     明日の夜クリスマスのデザートを食べながら お茶しながら観ます


[PR]
by bienes | 2015-12-24 22:34 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

NHKの『ためしてガッテン』はお気に入りの番組
今日は 『かなえてガッテンSP 幸せになる新わざ大連発』を観ました

マサイ族やケニアの人たちの元気なこと!
ちょっといいとこどりしているのでは?とは思うけど、 それにしても腰痛知らずの元気!
すこしお尻を突き出して胸を前にはって・・”プリケツ張り胸”がポイントで 改善されるらしい!
(骨盤の柔軟性UP)

冷え性対策の朗報もありました

冷え性とは血管を取り巻く交感神経が緊張して血流を悪くしているから
その交感神経を緩ませることで 冷え性が改善されるとのこと

自分でやれる方法は
”ふとももの上に10分手を置いて深呼吸をこと”
~脳が手を通じてかすかな太ももの温かさを感じて脳が副交感神経をゆるめて手足があったかくなるとのこと!
やってみたら~ほんとにあったかくなったemoticon-0159-music.gif
(詳しくは ためしてガッテンさんのHP見てね)
首をあっためたり、お風呂に10分あったまるとか、朝ごはんでアミノ酸たっぷりのものを食べるとかetc...も紹介されていました

そういえば 安眠方法で ”足先から頭のてっぺんへ吸い込んで手の先から吐くような気持ちでゆっくり深呼吸するといい”ときいたことがあって 時々お布団の中でやっているけど、
これってリラックスするし 確かによく眠れる! 理にかなっていたんだわ~!

人生、いいなと思うことはまずやってみる!!
 ためしてガッテン!だわ

d0339028_21080997.jpg
          思わぬところでみつけた 猫ちゃんダヤンのカップ
                年賀状 はよ書こう!


[PR]
by bienes | 2015-12-23 21:12 | いのち・健康 | Trackback | Comments(0)

『第九』の季節

An die Freude (歓喜に寄す)を Deutschでの意味を知っていくと 深いふかい

昔 徳島の鳴門ー大塚美術館で佐渡さんが指揮をした素人の市民が参加しての『第九』をTVで観たが、とても感動的だった

(ドイツ村でドイツ捕虜だった方たちが最初に『第九』を歌った歴史は有名  徳島は第九発祥の地!
 地元坂東の人との交流は友好的で互いに国を超えてこころで触れ合った話は 幼いころ父からもよく聞いた)

・・・・・
Freude, schoener Goetterfunken, 喜びよ 美しい神々の火花(麗しき霊感)よ
Tochoter aus Elysium,      至福の国に住む娘(乙女)よ
wir betreten feuertrunken,   われわれは燃えるような陶酔のうちに
Himmlische, dein Heiligtum!   天上の喜びよ お前の神殿に登る!
Deine Zauber binden wieder,  おまえの魔法の力が 時流にきびしく
was dei Mode streng geteilt;   分け隔てられていたものを 再び結びつける
alle Menschen werden Brueder,  すべての人々は おまえの優しい
wo dein sanfter Fluegel weilt .   翼のもとで みな兄弟となる

Wem der grosse Wurf gelungen, 互いに友となる幸運に
eines Freundes Freund zu sein;  恵まれた者は
wer ein holdes Weib errungen,  やさしい女(妻)を得た者は
mische seinen Jubel ein!     こぞって歓呼の声をともにするがよい!
Ja,wer auch nur eine Seele    そう この地上にただ一つの魂でも
sein nennt auf dem Erdenrund!  わがものと呼べる者は 皆のこらずに!
Und wer's nie gekonnt, der stehle そして 不幸にも(どうしても)それができなかった者は
weinend sich aus diesem Bund!  泣きながら この仲間(集い)から人知れず(そっと)去るがよい!

Freude trinken alle Wesen    あらゆる生き物は 喜びを
an den Bruesten der Natur    自然の乳房から飲み
Alle Guten, alle Boesen      善人も悪人も すべての人々が
folgen ihrer Rosenspur.      喜びというバラ色の道をたどる
Kuesse gab sie uns und Reben,  喜びはわれわれに 接吻とワインを与え
einen Freund,geprueft im Tod.   死の試練を経た友を与えてくれた
Wollust ward dem Wurm gegeben, 喜楽は小さな生きものにも与えられ
und der Cherub steht vor Gott.   智の天使は神の前に立つ{喜びをあたえられた}

・・・・・
Seid umschlungen, Millionen!   抱き合え、万人(すべての人々)よ!
Deieen KUss der ganzen Welt!  この口づけをすべての全世界に!
・・・・・

シラーやベートーヴェンの生きた時代や社会背景がこのような歌詞をつむぎだしたのでしょう
全部じっくり読むと 本当に奥が深い!

日本語もすばらしいですが 
ドイツ語の『第九』はどんなふうなのでしょう?
オーケストラの迫力と転調しながらグランドフィナーレを迎える混声合唱はきっと圧巻でしょうね

[PR]
by bienes | 2015-12-21 13:43 | ドイツ語 | Trackback | Comments(2)

ダンナさんが 膝が痛いという。
あんまり痛がるので、病院へいってみたら?と勧めた。そしたら~
最近 週3回ぐらいでスピードウォーキングをしていたのが原因だとDr.がいったそうな
え?ほんとう~?
たかが 30分~40分でほんとにそうなる~?
足腰の弱いわたしでも歩ける速さだから、そんなにスピードは出ていないとおもいますけど~

 ちゃんとダンナはDrに症状や経過の説明をしたのだろうか?
(まあそれも一部にあったかもしれないけど そうなるには他にも原因あるんじゃないの?と思うのだけど~)

ダンナさん、最近あっちゃこっちゃが痛い痛いというのが多くなった
以前は風邪もひかない人だったのに 
そして 通院の多い私のことを「もっと自己管理して~」なんて 言っておりましたのに
最近は ちょっと熱が出たり、腰やひざが痛くなると
まるで ”この世にこれほどのことが起ころうとは~”のような騒ぎようで
  ~私 心配もするけど、もう呆れています~
ダンナは 痛みに弱い! 男のひとって皆 こんなんですか? 
(いや 失言。うちのダンナさんは特別かもしれませんゆえ)

とにかく そういうわけで 今後は私一人で散歩行きます~!
このところ 体重も減ってきたし食事量も落ち着いてきて 快調!
これなら体脂肪を20キルことも夢ではないかも~(来年の目標emoticon-0136-giggle.gif

  ちょっと落ち込んで(?)でお昼寝しちゃったみたいだから 
  私はそーっと本屋さんへ行ってくることにします ただし車で

人生この歳になってみるとますます 本当にいつどうなるか?何がおきるか?わかりません

d0339028_13401926.jpg
               これはこれで 風情があります (初冬のすすき)

***Deutschでは 今副詞を覚えています。うまい覚え方あるかしら?
   時々英語と似たのが出てくるとほっとします


[PR]
by bienes | 2015-12-19 13:55 | 家族 | Trackback | Comments(0)

”終活”をたのしむ

友人が亡くなった。
12月に入り訃報のお知らせが6枚届いた。
物心ついてから今までに、何人の方たちの旅立ちを聞いただろうか

ここ10年ぐらいは 身近なひとを見送るたびに
最期をどんなふうに終わりたいのか?特別なことではなくなった

父や母の世話をすることで 一番大きなテーマを身をもって伝えてくれたような気がする
だから ”お別れ”はとてもさびしいことだけど いつかはやってくることで
だからこそ その分今をしっかり生きることだと 
人生の大事なことをおしえてもらったような気がしている

父はドクターにお手紙を書いていた(私たちにも見せてくれていた)
主な内容は 治療はやってほしいが必要以上の延命は望まないという内容だった
Dr.はその意思を尊重し 私たち子供たちの意思を確認しながら 最期を見守ってくれたと思う
母も父のように逝きたいと元気な時に、事前に伝えてくれていた
だから 茶飲みばなしに 生も死も病も結婚も孫の話もTVの話もなんでもいっぱいすることができた


それからも 友人の生き様や TVやネットで終末期を迎える人たち・家族の様子をみたり
町医者である長尾Drの ブログも 目からウロコの内容で 愛読させてもらったり
いつしか”死”は突然やってくることも 少し・あるいは長い準備期間をそえてやってくることも
改めて自覚するようになったかな


いつ命の終わりがくるか?びくびくしてはいないけど
”生きている””生きること”の実感は 日々持っていたいと思う
悔いのないところで生きたいし、逝きたいというのが 一番大事にしたいところかな

ゆうじんとの会話の中で 改めてふとそんなことを思ったので 書いてみた


(いつもこういう話をすると ダンナは 『人生思い通りになんか行かないよ~』という
 かもしれないし・・でも まあ、私の人生だから 終活もいろいろ楽しんでおくことにしています)

          ・・・・・・・

  *最近Deutschの話題がすくないなあ~と自覚
   今クリスマスの歌を練習しており、そのうちいくつかは歌えるようになります~emoticon-0159-music.gifemoticon-0105-wink.gif



[PR]
by bienes | 2015-12-18 12:34 | 人生 | Trackback | Comments(0)

年末になってやっぱりどこか今年中にやっておくことがありそう!と
なんだかまた片づけたくなってきた
それも 夜になってほっとすると・・
片付けたい気持ちがムクムク出てきて 最近またごそごそやっている

昨日はCDとDVDを整理した 30枚くらい処分
でもお気に入りのアーティストのものはちょっと一時置き場へ
どうしても今は持っておきたい音楽CDはケース3つ分は棚へ
(なかなか すべては手放せません)

その前は 衣類を整理
壁のハンガー類を処分したらその一角が 
あれ?ちょっとちがう!本当はこんなだったの?
すっきりしていいなあ~
《黄金の空間》ってこういうのを 言ううんだな~と 自画自賛

ただ 私はミニマニストにあこがれるけど断捨離に燃えているのでもなく
ただただ 狭い片付かない部屋がなんとなく気になってくると 無性に片付けたい気持ちがむくむく湧いてくるだけ

でも結構いろんな方の本を読んだり、シンプルライフにはあこがれて
特に、ドミニク・ローホーさんの本は大好き 生き方考え方にひかれます
中でも『シンプルに生きる』は 時々読みたくなる本です
ドミニクさんは、昔日本の”禅”にとても心惹かれたそうで それがベースになったそうで
日本の京都も大好きのご様子

ドミニクさんの母国のお部屋
海外から帰ってほっとするお部屋だそうです いいですね~
 *画像は後で

あまりに狭くて~初めて目にしたときは驚きでしたが、一人暮らしに必要なものが備わっている様子
私が”将来の目指すお部屋”です


[PR]
by bienes | 2015-12-17 14:35 | お片付け | Trackback | Comments(0)

今日最高裁判決で≪夫婦の別姓を認めない≫との判決が出た

結婚することで姓を決定するのは、二人の意思でいいのじゃないかと思う
今更 こんなことで形にこだわる必要があるのだろうか?
結婚を期にどちらかの姓を選んでも そのままの別姓を選んだとしても 
ーどちらでもいいのじゃないかと思う
(女性裁判官3人と男性裁判官2人は 別姓OKとしたらしい)

もう一つの判決も 何か変だな~と思う
離婚して6か月再婚できないなんて・・
それは生まれ来る子どものことを考えてーというが、そんなものは妊娠の過程には関係ないかも・・
結婚も離婚も再婚も妊娠も出産も、すべてその人の心が大事であり、
いくら法律で形を整えても、こころさびしいものでしかないと思うが・・

結婚すると姓を一つにすることで トラブったときの財産の管理は簡単になるだろうという思惑か?
6か月の再婚禁止は 離婚後の子どもの遺産相続を確実にするための予防策か?

 ・・そういう私も もう一つ勉強不足かもしれないけど・・

そんな中 今日のニュースで菅官房長官が
「国の意見が認められてよかった」みたいなことを発言していたのがふしぎ~
「え?国のって変じゃない?」と思った。
「国ってだあれ? 国って国民のことじゃないの?使い方まちがってるかな?」ってね

  **国が今の政府を意図するとしたら・・国民と政府は対立するものなのだろうか?
    政府は国民のために政治をしてくれるのじゃなかったのかしら?
 
 最近の政治・・よくわからないことが多い



[PR]
by bienes | 2015-12-16 22:04 | 社会のこと | Trackback | Comments(0)

人生を愉しむこと

はて、さて どうしようか?! と 本気で取り組まなきゃいけない状況に追い込まれてきた感じ 
いつもの定期健診で脳のMRIをとったら新たに白い影をいくつか発見「とにかく血圧を上げないことですね」とDr.
私「先生、暮らし面ー例えば食事とか何か気をつけることとかありますか?」
Dr.「特にないのですよ~血圧を上げないことかな~」と

あはは~どうしようもないことはわかっていましたが、念のためきいてみました

やっぱり 食べ過ぎない
塩分と脂肪・糖分に注意する
そして運動(散歩)を欠かさない
もちろん ストレスのない暮らし
     ~これを やっていくのかな~

一番大事なのは”今・今・今”を生きること
人生を愉しむことかな

d0339028_22120814.jpg
                  寝てる (-_-)zzz いいきもち


[PR]
by bienes | 2015-12-15 22:19 | いのち・健康 | Trackback | Comments(0)

ゆうじんから 《ボージョレ・ヴィラージ・ヌーヴォー》フランス産を いただいた
私はここ何年もめったにアルコールを飲まないのだけど(最近はすぐ酔う~反応が早い!)

昨日はダンナと 
なんと3時のお茶ならぬ~”3時のワイン!” ~チーズフォンディユとともに
ワインはフルーティーで美味しかった
でもあーこのチーズはちょっと残念! 簡単・手ごろ~とやってみたけど・・

ダンナ チーズについては無言!・・ワインの話ばかり
やっぱり ニンニクを鍋にすりこんで 専用チーズを白ワインだけで溶かしていくという
あの方法がベストです!
スイスで友人が作ってくれたのは最高でした!(チーズそのものがおいしかったかも)

いつかおいしい専用チーズをみつけてリベンジしよう!と ひそかに心に決めました

d0339028_13160789.jpg

[PR]
by bienes | 2015-12-14 13:19 | 暮らし | Trackback | Comments(0)