ブログトップ

ドイツ語のある暮らし

今日は友人ご夫婦と食事に行きました。
夕方温泉に行く予定だったけどやめて、 ゴロゴロして春の訪れを感じていました

d0339028_17001564.jpg



合間に引き出しをちょこっと整理
空箱を入れて薬と救急用品もまとめてみたら ちょっとスッキリ
ずーっと気になっていたところ 
(まだまだぐちゃで写真にはUPできないけど^^;) 

お片付けの本『あした死んでもいい片づけ』で『抜く』という表現をしていた作者の言葉が
今の私の実践方法
かつて衣類を山に積んで「ときめく?ときめかない?」というのもやってみたけど
今はその集中力も時間もないから『抜く』っていうのをやっている
明日死んだら・・も 身近な言葉になってきた
年を重ねてくると それもあるかもしれないから 

この作者(ごんおばちゃまーという方)の 明日死んでもいいお片付けとは 
人生最期ということで覚悟がいりますとのこと
ただし 今の私は 覚悟はほどほどの『抜く』です

気持ちは”モノにしばられない”ということかな


[PR]
by bienes | 2016-02-28 17:15 | お片付け | Trackback | Comments(0)

心臓のしゃっくり

本当に人生いつ何が起こるか?・・先のことはわからない

先日 
内科で「心臓がしゃっくりしているんですよ。その数が多いのです」とDr.が説明してくれた
「しゃっくり?なるほどね~」 
Dr.の実にわかりやすい説明に納得
誰もが心臓しゃっくりをするらしいけど その数が私は多いらしい
それで時々 ドクドクドクドクで・・・の 不整脈となる

一病息災というのかな?
それでも元気!という感じ

定期検診のおりに気になることを相談すると検査をしてくれる
あんまり薬は飲みたくないからそれは伝えてあるから安心
年を重ねるといろいろあるけど ≪加齢による≫ってしょうがないこと

今までに あちこち病名はついているし入院や手術もした

まあそれが生きているってこと!かなーと思う

これからも”元気”でいこう


[PR]
by bienes | 2016-02-26 23:00 | いのち・健康 | Trackback | Comments(0)

雲の階段

ふと空を見上げると

雲の階段

今日は 冷たい風が吹いて 冬気分


d0339028_20493855.jpg

[PR]
by bienes | 2016-02-24 20:58 | 空・花・自然 | Trackback | Comments(0)

gefallenはお気に入り

≪TVでドイツ語≫を録画して観ている
ラジオの≪毎日ドイツ語≫は集中力がいるので疲れるので聞き流している
やっぱり視覚的にドイツ語に触れるほうがいい感じ
岡田義徳さんのキャラクターも親しみが湧く(初心者の一生懸命さ)
吉満講師の岡田さんへの質問に私も一緒にTVの前で答えている


Ich esse gerne Brot. 私はパンが好きです (garne=garn)
Fisch esse ich gerne. 私は魚が好きです

Mein Lieblingsgericht ist Sushi. 私の好きな料理は寿司です
  *Lieblings+Gericht(料理)→Lieblingsgericht(お気に入りの料理)
   Lieblingsって名詞にくっつけるとなんでもお気に入りの言葉になる 便利!
   しかし 相変わらず名詞の性には悩まされるけど・・

Ich mag Hunde. 私は犬が好きです (magの元の形はmoegen)

Ich habe ihn gern. 私は彼が好きです (gern/haben~ 分離動詞の場合は友人として~)

Ich liebe dich. (私はあなたを愛しています)

Das T-Shirt gefaellt mir gut. (そのTシャツは気に入っていますーわたしそのTシャツ好きです)
  *この gefallen は大好きなドイツ語
   気に入ったモノが主語になるなんてすごい!
   Tシャツが私を気に入った・・つまりTシャツに私気に入られたんや~
        結果 そのTシャツ私好きやねんっていうことになる


”好き”という表現でも いっぱいあるんだなあと お勉強しました

[PR]
by bienes | 2016-02-23 22:56 | ドイツ語 | Trackback(1) | Comments(0)

まだ寒い
そこで連ちゃんで遠出して温泉に行きました

先日は家族連れにも好評のマルチ温泉へ
今日はひなびた趣のある熟年好みの温泉へ

それぞれにぎわっていました
孫と一緒の3世代や 若いカップル
「こんな山奥にもう来ることもないから写真撮っておこう」という女子会グループや
牡丹鍋を召し上がっている登山帰りの熟年グループもいて 
やっぱり日本人は温泉好きだな~って再確認です

d0339028_20553919.jpg

d0339028_20550617.jpg



今日は帰りに近くの窯の町にも寄りました 
目の保養のつもりだったのだけど・・

けれど焼き物好きのわたし それだけで終わらず 
気分はお気に入りに出会えたら買っちゃおうかな~と心が動いていきました
そしてついつい手が伸びてしまいそうに・・

が、その時 こころの声が聞こえてきたのです!
『ちょっと待て。よく見よう。よく考えよう』と

  なーんだ この前ありがとうと手放したものと同じじゃないか
  もしこれを買ったら どれを手放すつもり?
  本当にほしいの?・・・自問自答
  次回来た時にそれでも欲しかったら その時に買うことにしようと結論をだしました

写真だけ撮って帰ってきました

d0339028_20493212.jpg

*****ミニマリストへの道は楽しくもまた険しいと実感
     でも今日はすっきりとした気分^^


[PR]
by bienes | 2016-02-21 21:07 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

先日 かわいい声がする

窓のの外をのぞいてみたら

ほら このこたちがいましたよ!



d0339028_13151671.jpg

今日は寒いけど もうはるですよ~emoticon-0159-music.gif


       Alle Voegel sind schon da



[PR]
by bienes | 2016-02-17 13:25 | 空・花・自然 | Trackback | Comments(0)

最近いくつかの断捨離とミニマリストさんの本を読み
片付けコメディ”わたしのウチには何にもない”を楽しくみていると
ふと食器を片付けたくなって・・
かなり処分し整理したのだけど もう一息!と思い立ち やってみた

だんだんと減らしてきたもののまだ多かったので エイヤ!
カップやグラス類は 今でやっと昔の10分の1位かな
(どんだけ持っていたんかいな?と我ながらあきれる)

今は値段や思い出よりも 使いやすさを一番に考えられるようになりつつある
まずはやってみたら これが意外に気持ちよかったのです

d0339028_13162176.jpg


***近いうちに友人が日本にやってくる! どうしよう 緊張すると頭真っ白になりそう
   学生時代は一夜漬けはお手の物だったけど 今はねーしばらく猛勉強


[PR]
by bienes | 2016-02-16 13:25 | お片付け | Trackback | Comments(2)

ひな祭りが近くなって
「そうだ、お雛様をかざろう!」と思い立った

娘の7段の雛様 は昔子供たちがお世話になった保育園にプレゼントしたし
二人雛の大きいのは娘に持たせたというわけで
今我が家にあるのはこの3種類

自分にご褒美の雛様といただき物の小さいかわいい雛様
一番大事なものは 孫からの贈り物の『ペンギンのひなさま』←特にこれはVIP扱い

d0339028_14063757.jpg


でもね、思い出したのです!

私が小さい頃に壁に飾ってあった掛け軸のようなお雛様はどこ?
妹と私の7段は とうの昔に毎年少しずつ壊れていき”ありがとう”をしたような記憶があるけれど
掛け軸のようなものは 大切に母が持っていて いつだか見たような気がしたのです

押入れの中の父と母の荷物(まだ処分しきれずに持っているもの)の中身をイメージしてみた
・・全部出すとあとの片づけが大変な作業となりますゆえ・・

ところが今の荷物の中では思い浮かばない


でも、母と一緒に住み始めた頃に
「あら、こんなものが出てきたよ~母さんきれいだよ大事にしてくれていたんだね~」と
そんな会話をしたのを覚えている

  ①妹にあげたか?・・・いやいや そんなはずはない。シンプルライフを目指す彼女だもの
         「ありがとう、でもいらないよ」と断るはず
  ②娘(母の孫)にあげたか?・・・いやそんなはずはない。
         だって娘も物は少ないほうがいいというタイプ
         あの対のおひな様さえ無くし、保育園で作った雛様を玄関に飾っているらしいから
  ③誰かにあげたか?つかってもらっているか?
  ④あるいは”バイバイ”したか?・・・


記憶にないのだ!
10年以上もお目にかかっていないのだから 
どこかで”さよなら”したのか?・・・


今になって
あの7段飾りの横にかけてあった雛様たちを思い出してしまったのだ

幼いころの妹と一緒にひな壇の前で一緒に並んだこと
いつもはきびしい父がお気に入りのカメラを出してきて写真を撮ってくれたこと
母のてづくりののり巻きや羊かんのがおいしかったこと
いろんな思い出とともに あの掛け軸雛が 記憶の中からよみがえってきたのだ


     *****

遺品整理第3弾くらいの時?
あるいは 引っ越しの時?
父や母のたくさんの写真や小物たちと共に ”さよなら”したのかもしれない


当時は勢いで整理したものの(とはいうものの まだまだ残っているが)
こんな風に時々「あれは 置いておいたほうがよかったかなあ~」って
未練がましく思う時がある


 しかし ≪無いものは 無いのだ≫

思い出が何よりのプライスレスなのだから


   ・・・そう思い込みました^^

[PR]
by bienes | 2016-02-11 14:19 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

病院でのひとコマから

先日の病院での一コマ

「いいかげんにしろよー」と後ろで突然大きな声がしてふりむくと
息子と思われるおじさんが、親と思われる車いすのおじいさんに 大声をだして怒鳴っていた
「診てもらわんとあかんだろーそのために来たんだろーわかってんのかー」
バシッとおじいさんの車椅子をたたいた
おじいさんは もごもごと・・「いつまで待つのか?」と訊いているようだった
後ろで何がおこるか?だいじょうぶかな?と気がきでなかったが・・
その後 すぐ名前を呼ばれていたので ひと安心した

隣の内科の受付で
娘と思われるおばさんが(もちろん遭遇した私もおばさんですが)
母親と思われるおばあさんと会話していました
内科の受付事務の方や看護師さんも出てきました
「今日はやっぱりちがいました。明日ですね」
「おかあさんどうする?」
「わたしまちがえたんかな?いっぱい病院へ行く日があるから○つけといたんや」
看護師さんがDr.に電話したが「やっぱり今日はもう無理みたいですね」
「じゃあ またあした来ましょうよ」
「あんたにまた連れて来てもらうことになるなあ」・・・

別のところからは
「まだかいな?疲れたわー」
「お待たせしていますね。BEDも用意しようかと思ったけど 次の次だからね。頑張って待ってね」
そんな会話も聞こえてきました

私もかなり待っていました
とにかく今の病院は
元気な人でないと行けません
病人には過酷な状況です
私の内科受信は予約ですが もう一つの耳鼻科は2分診療(?)に2時間待ちました
途中で市役所で用を済ませて来ました
Deutschの勉強もできましたが 腰がいたくなったし疲れました


都会に限らず 田舎の大病院(?)も やっぱり混んでいます
お年寄りが多いですね
車いすで誰かに連れてきてもらっている方も多いけど
杖をつきながら ひとりで来られる人も多いです

病院では いろんな人生ドラマや介護の状況に出会います

私も10年ぐらい両親の世話をしていたので昔を思い出しました
10年の中では いろいろありました
親を大事に思い できるだけ優しくしてあげたいと思っていましたが 
自分の体調がわるい時仕事が忙しいときなどは ついついきつくあたってしまって 
後で心でごめんねとつぶやくこともありました
父も母も最期まで親子の会話はできたので 介護も看護もまあ楽なほうだったのかな~と思います
(今は大変さよりなつかしさのほうが残っています)


高齢者が増えてくるこれからの社会
こんな病院内での出来事は 誰もが遭遇する人生後半の縮図かもしれないし
自分の時は ・・・?と ふと考えましたが

   まだまだ元気!と その妄想は すぐ消しゴムで消しました! 


[PR]
by bienes | 2016-02-10 13:46 | いのち・健康 | Trackback | Comments(0)

今年は花粉がすごい?

50歳すぎて、花粉症発症
その後 アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎発症
なんとまあ
年を重ねて、こんなアレルギー症状が出るなんて 思ってもみなかった

最近はかなり良くなったものの
油断をすると くしゃみと涙で最悪な状態になってしまう
腸内フローラが改善すると これらのアレルギーもよくなるのだろうか?
身体の中はいろんなことが起こっているのでしょう
人体って不思議

 
アレルギー鼻炎の予防は
薬もあるけど、やっぱりマスクが一番!
あったかいし保湿効果も抜群
夜もマスクのお世話になっています


     ・・・・・


今日は清原さんの薬物使用のニュースがトップ
びっくりした。そして残念でならない 
さびしいこころと弱い気持ちの人だったのかもしれない
薬物取締で本人が報道されるのは仕方ないけれど
元奥さんや子供たちのことは関係ないので触れないであげてほしいです
「警察に捕まったことでターニングポイントになった。治療・社会復帰を応援してほしい」と
社会復帰を支援している男性の言葉が心に残ります


[PR]
by bienes | 2016-02-03 21:26 | いのち・健康 | Trackback | Comments(0)