ブログトップ

ドイツ語のある暮らし

青春の思い出の曲

時に なんとなく聴いてみたくなる曲がある
たまにどこかで耳にすると懐かしく こころが波間に漂うようなきもちになる

時々 夜に 隣のデスクの(夫の)PCから流れてきたり・・
 ふーっと 
聴きながらティータイムでもしたくなる

そんな曲の中から
2曲を選んでみました 


”シバの女王”・・・このジャケットがなつかしい!
レーモンルフェーブル・オーケストラの演奏

学生時代に聴いて心を奪われてしまいました
せつないほどのメロディーに

それから30年位経って 
息子さんのオーケストラが日本にやって来たので コンサートに行きました
すばらしかった

これはお父さんの時代のものです



そして
サイモンとガーファンクルの
”明日にかける橋”



あしたもいい日でありますように!

今日も来てくれてありがとう!

[PR]
by bienes | 2017-03-05 21:50 | お気に入り | Trackback | Comments(6)

孫っちたち来ない!

春休みが近づいてきたので
「みんなで遊びに来ない?」と 孫①にメールを送った
返事は「嬉しい~行きた~い!みんなに言ってみます」
「お父さんやお母さんともよく相談してね」とメールをして楽しみに待っていた・・・

なかなか返事が来ない・・・

しばらくして孫①から
「孫②君と孫③君は行かないというし 孫③ちゃんはやることがあるから行かないんだってー
 だからごめんなさい 今回は行けません」と返事あり
「残念! ①ちゃんじゃあなた一人でもいらっしゃいな~」
「でも一人じゃちょっと寂しいし・・」
「じゃもう一度③ちゃんを誘ってみたらどう?」

・・・しばらくしてメールがあった
「やっぱり③ちゃんは行かないというから 今度また!」

今年大学生になるお姉ちゃんはしっかりしています
可愛い娘に成長しています
②君は 声変わりをして見上げるくらい大きくなって今高校受験真っ最中
③ちゃんもすっかり女の子らしくなって敬語を使うのでびっくりしました
④君は元気な好奇心旺盛で元気いっぱい
みんな大きく成長してしまい?ました

おじいちゃんおばあちゃんのところに来るのが楽しみだった時のことが
はるか遠くの昔のようであり・・・
ついこの前のことのような・・・

孫育ちをのぞむじいじばあばは ”孫離れ”をしなくてはなりませんね
「あ~あ、来ないんだ~」と
期待が大きかった分がっかり度も大きかったじいじはがっかりしています

昔父と母が娘と息子を遊びに連れて行っていいか?と 何回か頼みにきて
とても楽しそうに出かけていた光景を思い出しました
一度だけブルートレインに乗せたいと言った時に何かの理由で断ったのを思い出して 
きっと残念だっただろうに・・ ごめんねと
今頃父と母の思いが心にしみてきました

こんなことを繰り返しながら
人生を 皆 生きていくのでしょうね


          **********


さて 孫っち達は遊びに来ないということなので
私は もう少し暖かくなったら どこかへ出かけます

沢山はまだ歩けないので近場か 車でどこかへ!
人生楽しみます~♫

d0339028_21374569.jpg

丹波ちりめんのタペストリー

春ですね


今日も来てくれてありがとう!




[PR]
by bienes | 2017-02-25 21:43 | 家族 | Trackback | Comments(14)

はじめてのおつかい

新年恒例の「はじめてのおつかい」をTVで観ました
いつ観ても かわいいなあ~
おつかいに行かせたい親となかなかその気になれない子ども
何とか出発しても途中で引き返したり・・さまざまなハプニングが起こって
ハラハラドキドキ
でも最後にはお買い物をしてお母さんやお父さんの待つおうちにもどってくる

おつかいのどの子にも途中ドラマがあるけど
いつも思うのは
親が思うほど子どもはやわじゃないっていうこと!
どの子も以外にしっかりしているし 生きる力は秘められているということ!
(子育てを客観的に観れる年齢になったからかしら?)
親だけが 心配しているのかなあ~って思う


          ******


はるか昔むかしの事を 思い出した

その日 私は家で熱を出して寝ていた
とても料理などできる状況ではなかった
そこで娘に言った
たしか 4歳
「ママはお熱、何食べたい?」
「ハンバーグ」
「じゃ お肉屋さんに行って買ってきてくれる?」
そう はじめてのおつかい!!

雨の日だったと思う
傘をさして 社宅の前をすすんで信号のある歩道をわたるとお肉屋さん
すぐそこなんですけどね いつも保育園の行きかえりに寄るお肉屋さんです
「おねえちゃん 行けるかな?」
しばらく考えて娘は「うん いく」と4階の階段を下りていった

私ちょっと心配しましたが 何しろ熱でもうろうとしていましたから~
見送ることもしませんでした

・・・しばらくして ガチャガチャ玄関の重いとびらの開く音がして
「ただいまー」
ちいさな籠の中には 確かに品物とおつりが入っていました!
あの時は うれしかったな~
娘はにっこり なんだか自信にみちて一回りおねえちゃんになったように見えました


   【むすめの後日談】
「信号ははきちんとわたったよ
おにくくださーいといったけど おばさんやおじさんもへんじしないの、
 (娘は特別チビなんです きっとショーケースの下で 仲からは見えない
  おまけに車の音が大きくて 娘の声がきこえなかった?)
なみだがでそうだった
でもね おつかいだから
おにくのガラスをドンドンして なんかいもいったよ
そしたら おばちゃんが ”はい”ってきたよ
ママのおてがみわたした
いいこだねって あたまなでなでしてくれたよ
おつりおとさないでねって」

(大人になってもこのときのことはよく覚えているとか)
そーだったんだね~
勿論 パパが帰ってきて報告しましたよ
その日の夜は娘の買ってきたものと・・・あとはは覚えていないけど(#^^#)

さて その娘はもう4人の子の母
こどもたちに どんな初めてのおつかいをたのんだでしょうか?
こんど会った時に 聴いてみようと思いました

d0339028_20500995.jpg

暖かな小春日和です


今日も来てくれてありがとう!


[PR]
by bienes | 2017-01-10 21:00 | 家族 | Trackback | Comments(4)

クリスマスにサンタさんは来ましたか?
私は来ませんでしたよ (*_*;
いつごろまできてくれていたのかな~?
子どもが生まれる前くらいかしら?・・・

むかしむかし
「クリスマスなんか日本人はいらん あれは西洋の話 日本人は正月を祝ったらいい」と言う父の考えで
我が家はとんとクリスマスに縁がなかったのですが
小学生の時 父の転勤で引っ越したら お友だちにしゃれた街っ子が何人かいてお誕生日会がブーム
その延長でクリスマス会をしようと言うことになり
父に 涙と共に「私も行きたい~」と訴えました
母の助っ人や・世間のクリスマスブームが後押ししてくれて
以来毎年 ケーキとプレゼントが我が家にも到来(#^^#)

そして時は流れ・・
子どもたちが小さかった時
フィンランドのサンタさんにお手紙を書いて クリスマスにカードを届けてもらう準備もしました
「サンタさんからお手紙とプレゼントが届いたよー」と子供たちは大喜びでした♬

そうですこのころからですね 私にサンタさんが来なくなったのは~
ゆうべ「僕に サンタは来る?」と夫がきいてきたので
「来ないよーだって私にも来ないんだもの あなたにだけ来るなんて考えられな~い!」と叫んだら
元サンタは あはは~と笑っていました

          ・・・・・・

昼間はお友だちとクリスマスのお茶会をしましたが
我が家のイヴはいつもとあまり変わらずでした
私はTVでフィギャースケート三昧 夫はコーヒーでケーキを食べながらPCの前でいろいろと~
まあこんなクリスマスものんびりといいもんです
”楽に生きる やりたいことをやる 無理せず楽しむ”~人生こんな風に変わってきましたね

実は私 まだ年賀状を書いていません
なんだか 書く気がしなくて・・・
たいせつな叔母を見送ったこともありますが お付き合い半分のご挨拶がしんどくなってきて・・
年末に届いた訃報のお葉書には心をこめてその都度はがきを書きました
だもんで~年賀状は沢山用意してあるから 
いただいたらお正月にお返事の年賀状を書こうかな~って思っています
こういうのも今年はありかなあ~?って のんびりかまえています

大掃除も気になりながら でも腰も痛く足の骨折も完治していない私
「どうしようかな~」とつぶやいたら
「埃ではしなないよ~」と言ってくれたブログのCさんに励まされ?!
「そうだ!今年はやらないでもいいや~来年あったかい春になったらやろう」と都合よく自己納得

まあこんな年の瀬を送っております
こんなんで いいんでしょうかね~?・・ うんうん まあ これもいいんですよね~(#^^#)



d0339028_07524402.jpg

メリークリスマス!

来てくれてありがとう!



[PR]
by bienes | 2016-12-25 08:00 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

〈きのうの続きです〉
”神崎郡歴史民俗資料館”は 兵庫県指定の重要有形文化財です
    
M19(1886)に当時の金額2029円14銭で建てられ役所だったところ
そこでは よく見なかったけど 帰ってパンフをみると 
円柱の上にアカンサス(ハアザミ)の彫刻がほどこされ バルコニーがあったり
当時では珍しいモダンなギリシャ建築を取り入れた明治の優れた建物だったらしいです

(余談)私が5歳のころ 友だちが「おじいちゃんが昔200円で建てたんだよ」と自慢していたのは
   庭つきの大きな大きな家でした
   となると・・2000円って今の金額でどのくらいかな?

玄関まで担当の方が出てきてくれて
「今朝は冷えましたね~どこからいらっしゃいました?」と声をかけてくれ
ちょっとお話をしました
柳田國男記念館も この資料館も全部入館は無料!です
お庭も木々もきちんと手入れされていて 近所の方々のお散歩ウオーキングに来られていたり
町全体で大事にしているような感じを受けました


『柳田國男・松岡家記念館』には 入り口に大きく”撮影禁止”と書いてあったので
しっかり読んで観てきましたが
この”資料館”には 撮影禁止が見当たらなかった?!ので読んで観て写させてもらいました
昭和のなつかしい光景がありました
幼い頃観たものがいっぱいありました

d0339028_13065636.jpg
まず入り口の横に石棺
7世紀のモノらしい
蓋つきで貴重らしい
小さかったです

d0339028_13121037.jpg

おばのうちに行くとこの石臼の音をよくきいた
やらせてもらったけど
ちっちゃい私には重くて重くて~

右手?左手?右回し?左回し?
よくわからない!
結局「どっちでもやりやすい方でいいんじゃないの?」と二人の結論
ほんとはどうなのかな?


d0339028_13085540.jpg

こんなミシンで母が洋裁をしていた
制服まで縫っていた
独学でよくやったもんだと今は脱帽!
でも昔はね・・・

d0339028_13075644.jpg

こんな冷蔵庫がほしかった!
氷屋さんがいつも叔母の家に届けてくるのを待っていて
おこぼれの氷をもらうのが楽しみだった


d0339028_13103834.jpg

こんなちゃぶ台をみんなで囲んで食べていた
当時はどこも丸型
いつからでしょうね四角くなったのは・・

他にも炭火のアイロンや炭火のこたつ・むしろ織り機などなど
遠い昔の記憶を呼び覚まされるものがたくさんありました



河童や天狗に会って 柳田國男・松岡家記念館や この博物館をみてお庭を散歩して
もち麦のおいしいランチをいただいての帰り道
車の中で 夫が『町の人たちの 愛を感じるなあ~』と つぶやいていました
私も「うん、うん」


北条鉄道のそばを通った時
「なんだか 北条鉄道の存在ががおおきくなったなあ~
この間までは あーいずれ廃線の危機かも~と思っていたけど
なんか今日は 存在感があるし がんばっているなあーって思うよ」
と夫が言いました
私たちも 郷土愛にめざめてきていますね


                    今日も来てくれてありがとう!




More
[PR]
by bienes | 2016-12-08 14:01 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

毎朝 目覚めると布団の中で
「今日はどうかな?」と腰や足の様子を感じながら背伸びをする

あいにく若者のようにはいかなくて

ポキンの骨折のほかにも 先も欠けていてこれも骨折
(Dr.の予想に反して)まだ骨折部は ずれてはいないけど固まってもいない
相変わらず腫れて内出血がうっすらとあるし 痛い
夕方になるとむくんでパンパン
体重をかけて歩くから どうしても治りは遅いだろう
60を過ぎたおばあちゃんだし おまけに骨粗しょう症とくれば・・・・

そうだ、 ボチボチいこうemoticon-0159-music.gif


   ぼちぼち

”ぼちぼち”っていいな

進みはゆっくり
時々は空を見上げて休みながら
でもまた歩みだす
はるか向こうを目指しながら
ゆっくりいっぽいっぽ歩いていく
途中でUターンしないよ
やめないで進んでいくだけ
気がついたら 
「あら、こんなところまで来ちゃったわね~」って微笑む

なんだか昔の母さんを思い出す
2人で「カメさんみたいね」と笑ったことを思い出す
いつの間にか私も
”ぼちぼち”がすきな年齢になった


d0339028_13191204.jpg

Der Himmel ist hell. (空が晴れ渡っている)
Wolken schweben am Himmel. (雲が空に漂っている)
Das Blau des Himmels gafällt mir sehr gut.(空の青さが大好き)


今日も来てくれてありがとう!


[PR]
by bienes | 2016-11-25 13:40 | いのち・健康 | Trackback | Comments(4)

いざ~秋のドライブ11県

3本足で 行ってきました!九州へ

先日夫が九州に車で行くというので
急きょ「車だったら私も一緒に行きたい!」と ついて行ってきました

d0339028_21242974.jpg

これからいよいよ九州へ



途中あちこちで 懐かしい友人に沢山会いました
時が流れた間に どの人も(勿論私たちも)人生ドラマがあって話がつきません
けがをしたり病気をしたり 転職したり趣味が本業になったり、じいちゃんばあちゃんになっていたり
でも すごいね友達って
あっというまに時空を超えて 時のへだたりを埋めてしまう
時間を忘れて 語り合いました
「次 いつ会えるかわからないけど まあ元気でいたらいつか会えるね」


運転は勿論 だんなさんのみ(私は横でおしゃべり 後ろでグーグー)
数えたら11県を走ったことになります
「人生初めてだなーこんなに運転したのは」と夫
「私も3本足で出かけたのは初めてだわ~」と私 (#^^#)

サービスエリアでは極力歩かないでよい場所に車をとめてもらい
それでもその土地の味を楽しみました♪




          ******

友人が連れていってくれた本場お好み焼きは本当に美味しかった
道の駅で食べたじゃこ天は漁師の奥さんたちの手作りー8種の魚と塩の味つけで100%じゃこ
懐かしい味でした
無農薬というみかんは見かけは悪いけど凝縮したみかんらしい味でした
久しぶりに食べたコリコリした生きのいい魚や とろけるような特選牛の焼肉
魚の漬け丼にだしをかけて食べるぶっかけ丼・・・ほんとうに どれもこれも美味しかった!

d0339028_21191750.jpg


d0339028_21311367.jpg

晴れた日の空や海はこころがウキウキ
曇った日もあったし雨の日もあったけど それもまたいい感じ

霧の中をライトをつけて高速も50Kの速度制限で 運転手より私の方がドキドキ
夕日が瀬戸内に沈む一瞬には心をうばわれました
スーパームーンが目の前の山から浮かび上がってきた時はその大きさにびっくり
(上に昇っていくにしたがって小さくなる?!)



d0339028_21405155.jpg


d0339028_21283973.jpg

いくつトンネルを抜けたでしょう?
60~70?

九州は トンネルを抜けると橋 またトンネル そして橋・・
向こうの山並みは 東山魁夷の絵のようでした
d0339028_21354239.jpg



d0339028_21322725.jpg


d0339028_21263945.jpg

さすが南国です


d0339028_21524663.jpg

九四フェリーに乗りました
d0339028_21384535.jpg
九州と四国の先端までは1.5時間


d0339028_21543432.jpg

どうやってフェリーが岸壁に近づいていくのか?と見ていたら
すごいプロの仕事でした!
フェリーの中でカーペットフロアーでごろんとしていた時のお隣さんはツーリンググループ
その後SAで一緒になって「あらまたお会いしましたね~」とお互い挨拶
旅はそんな出会いもちょっとうれしい!


d0339028_22380216.jpg

瀬戸大橋
長いですね
橋の途中の 与島SAで夕日を観ました

d0339028_21482586.jpg

d0339028_21342018.jpg




家に帰ってこうしてまたいつもの暮らしが始まりました
少しずつ動いてみようと思っています  まあ、杖や痛み止めの助けも借りながら・・ 
10年前に学校に通って資格を取ったり、外国語を勉強している友人もいたし
みんなパワフル!
エネルギーをいっぱいもらったから 私も元気でやっていこうと思いました


                      今日も来てくれてありがとう!





More
[PR]
by bienes | 2016-11-16 22:41 | お出かけ | Trackback | Comments(6)

父の命日に

父を見送って 9年になります
お墓には遠くていけませんから お仏壇で合掌

もうずいぶん経つのに 父のことが鮮明に 私のこころに 時々顕れてきます
厳しい人でした 
努力の人でした
情の深い人でした・・

晩年 癌になり手術をしましたが再発 再び手術 3か月後に亡くなりました
3年生存率は50%に期待をしましたが (しないほうの50%でした)
セカンドオピニオンも勧めたけれど 昔気質のひとで
「主治医に申し訳ない」と言いました
再発した時も 出向の医者が「私の大学病院に紹介しますよ」と言ってくれたのに本人は断りました

余命数か月の頃
たまたま近くに総合病院が出来て そこに転院・通院
やがて入院 3週間くらいでなくなりました
痛かったしきつかったこともあったでしょうが あまり言いませんでした
死を受け入れているようでした
「これが運命だ やり残したことはない ・・ただ母さんのことが心配だ・・」


いろいろ思い出されますが こころに残るのは
晩年いっぱい話しができたことでしょうか
そして何よりも最後の最期まで”生きざま”を 身をもって教えてくれたことでした
親として 一人の人生の先輩として・・

父が2度目の手術をしてから 母も体調を崩していたので 遠距離看護
そして最期の日々を病院のベッドの横で看護
そんな中で 人生の事・生きるということ・死ぬということ・・いっぱい沢山の事を伝えてもらったような気がします

晩年 あんなに厳しかった父が穏やかでした
戦争で満州に行った事・新婚時代の事・私たちが生まれたときのことなどいっぱい話してくれました
時には2時間近くも「あー疲れた 楽しかったけど今日はおわりー」という日もありました
私も始めて聞くことが多かったです
そして 数か月後 母のことを私たちに託し
私たちを抱きしめて有難うと言って 出発して 逝きました


病院のベッドのそばでいろいろ話している時 言いました
「箱がひとつある お前が読んだら燃やしてくれ お前が読んでくれたらそれでいい」

私 父を見送った後で その箱を開けました
昔の私や孫たちからの手紙や赤茶けた育児手帳 自分史・日記や写真の切り抜きなどが きちんと整理されてありました
夫や妹や孫たちに「観る?」と聞いたけど
「代表して読んで 燃やして」と言われました

でもまだ 燃やせていません いつでもその気になったら燃やせるし~と
モノは 誰かに使ってもらったり欲しい方に差し上げたり 焼却場に運んだりしましたが
父の思いが詰まった(と感じる)ものは まだ燃やせません
何なのでしょうね 以来観ていないし
箱には再びガムテープを張って押し入れの中に入れたままなんですけどね・・


父の真似をして
まさかの時のために メモを書いてあります
 「いざとなったら救急隊員の人にみせてね
 意識の無くなった時に緊急入院したら Dr.にこれを必ず見せてね」と夫にも伝えてあります
 子どもたちにも伝えてあります
 「人生いつ何が起こるかわからないからね~」と
内容は必要以上の延命治療はいらないとのこと


  そうそう ”脳死の場合の臓器提供の意思あり”も免許証の裏に書いてあります
  これは若い頃から考えていることですが
  ただ どこもかしこも最近ではメンテナンス必要となり人様に使ってもらえるようなものはないかもしれませんが
                                             (#^^#)


          **********


先日息子が遊びに来ました
彼が仏壇に手を合わせている姿
横に飾ってある夫と私の両方の親たちの写真がふと目に入り 
こうしていのちって繋がっていくんだな~ってしみじみ思いました


「仏さまにお願いはしない方がいいのですよ
お願いばかりをしていると 仏さまに心配をかけますから
いつも見守っていてくださってありがとうございますと感謝して手を合わせましょう」と
いつかの住職さんのお話が心に残っていて
以来 「いつも見守っていてくれてありがとう」チーン!です



                     読んでくれてありがとう!

  

[PR]
by bienes | 2016-09-20 22:52 | 家族 | Trackback | Comments(4)

思い出の品から 卒業!

歯磨きをしながら ぼーっと部屋を見渡している時

「思い出の品物はもういらないなあ」と思いました

母がデイサービスで作ってきたものの中で これだけは今まで残してあったもの

これを観るたびに 母のことを思い出してくるのでした
一度は処分しようかと思ったけど・・またリターン

でも何かちょっとさびしさを一緒に連れてくる思い出は もういらないなあ~と思いました

だって 母はもう居ないのですもの
母の笑顔や食事風景・一緒に出掛けたことや話したこと・・いろいろ思い出されてくるけど
もう”卒業”しよう!と思ったのです
心の中に大切に思い出はしまっておくけど もう”卒業”!!


そして 息子がピアノを習っていた時に 先生から発表会の時にいただいたピアノの形をしたペン立て
これともさよならします 「長い間ありがとう!」です
ペン立てにくっついた思い出にバイバイ 
~だってもう息子は大きくなりましたから


ほかにもいっぱい 
「さよなら~ありがとう~バイバイ いってらっしゃい~」の 品物は出てきそうです



自分の気持ちの整理
新しい明日の自分への一歩かな


d0339028_22270111.jpg

ちなみにこれが 母作
かわいいの




おまけの写真
今日の『お写ん歩』で見つけました

d0339028_22332818.jpg

ねえねえ 
みんなで何をお話ししているの?


d0339028_22312858.jpg

あっついね~
あなたは太陽みたいに輝いて元気だわ~



d0339028_22362474.jpg


あなたも素敵よ
さわやかでみんながあなたを見つめたくなるわ





Morgen ist es wolkig nach dem Wetterbericht 明日は曇り天気予報に寄れば

来てくれてありがとう
Gute Nacht! おやすみなさい

[PR]
by bienes | 2016-06-20 22:56 | お片付け | Trackback | Comments(4)

昔から 映画大好き人間です
学生の頃は 朝から夕方まで映画館にいたこともありました
           (映画好きの友人と2人で)
昔は 1~2・3本を入れ替えなしで休憩を挟みながらの上映だったから
当時 ”嵐が丘”や”風と共に去りぬ”も一日で2回見ました
”ナポレオン・ソロ”などは3回観ていました
(1回目は立ち見、2回目はやっと座って、3回めはじっくりと楽しむ!)
ルンルンで夕方帰ったら 父にこっぴどく叱られたのを覚えています
(もちろん次からは2回までとし 父の帰宅前には 机に座っていました^^;)

いつ頃からか あの映画館の騒音に?耐えられず・・
今は我が家で DVD鑑賞
TVでも時にいいのをやっていますから(途中のカットは我慢ガマン)


          ******

昨夜は ”THE MARTIAN---オデッセイ"を鑑賞
 ~ハラハラ・ドキドキ・手に汗握りました

2016年2月公開のSF
ツタヤでおすすめの最新作
火星探索に出かけて・・・

ハリウッドは中国市場をとても意識しているようですね
物語の中で中国の一役が大きいのです
とにかく スリル・ラブ・人類愛・探求心・心ひとつ・決してあきらめない心・そして勇気etc.
俳優陣・スタッフ・映像技術を駆使して 今回もハリウッドは作り上げていますね
ついつい引き込まれてしまいました



   **予告編は・・・載せるのをやめました
     ハラハラドキドキは きっと始めて観た方が倍増しますよ~(^^♪



d0339028_20080212.jpg

この空の彼方にはどんな世界が広がっているのでしょう?



来てくれて Danke schoen!



[PR]
by bienes | 2016-06-11 20:25 | 好きなこと | Trackback | Comments(0)