ブログトップ

ドイツ語のある暮らし

”青”のある暮らし

私は ”青”が好きです

「蒼の刻」という ブログサークルがあることを知りました
靑に魅せられた人はどなたでもどうぞ!ということなので
私もお仲間に入れてもらいました

一口に”あお”といえども いろんなあおがあります
青・蒼・碧・・・
この際 調べてみようと グーグルさんで検索してみました

ところが びっくり!
これがすごい扉を開けることになってしまったのです!

あお・靑・藍・蒼・・・を筆頭に

・縹色(はなだいろ)
・美空色(みそらいろ)・薄花色うすはないろ花色(はないろ)・のしめいろ・薄水色うすみずいろ
・藍鉄色(あいてついろ)・・緑を含んだ濃い青色で紺鉄とか鉄紺色とも呼ばれる
・深藍(ふかあい)・・・愛染の黒に近い濃い藍色
・水縹(みずはなだ)・・藍染の薄い青色
・青白磁(せいはくじ)・・雲がかすむ春の空のような薄く淡い青緑色
・孔雀色(くじゃくいろ)・・孔雀の~
・・・・
・・・・・・・靑の名前が まだまだ 延々と果てしなく続くのです

和の色の青の呼び名だけでも60を超え
コバルトブルーなどカタカナのブルーは200を超え・・

よくこんなに分類したものだと思う
靑に緑を含んだものもあるし黒系統の青を含んだものとか ビミョウに異なるのです

私が青に魅かれるのは
海や空のいのちの源の色だからだと、勝手に解釈していますが
どこかDNAに組み込まれているような気もします(#^^#)


d0339028_10384520.jpg

平山郁夫さんの絵(絵葉書)

これは 藍鉄色とでも呼ぶのでしょうか?
平山さんは
幼い頃瀬戸内の海をもぐって遊んだ
あの時に深い海の底の色が
いつも心の中にあったと言われていたそうです



d0339028_10362943.jpg

この空は何色かな?




今日も来てくれてありがとう!


[PR]
by bienes | 2017-03-22 10:52 | お気に入り | Trackback | Comments(6)

季節外れに編み終わったベストとスヌード

で、第2弾で 春物のベストを編み始めました
久しぶりに 今度はかぎ針で編んでいます
なんだかすっかり忘れていて あれれ?なことも多々あるし
こういう模様編みは 途中でTVに気を取られて鎖あみが一目多かったり少なかったりと・・
後で気が付いて「あらまあ~!」と
仕方ないからほどいてまた編むーの繰り返し
30分も編むと疲れます
集中力とキャパシティーの狭さをつくづく実感しています

   *母は編み物が大好きで 若い頃は機械で 60過ぎると編み棒での手編み専門
   セーターは1週間で仕上げていました
   母や父の整理をした時 タンスひとつずつ3セーターやベストがぎっしり
   いろんな方にもらってもらいました
   小さめの母のセーターは私も妹も着れず・・
   数枚は手元に残してありますが どうしようか?と思案中

   私は簡単なものしか作れません
   母は独学でよくこんなに編み物が出来たなあ~と今頃思い出して尊敬の念
   昔の方たちは 習ってないけど独学で!という方が多かったですね


ピンクのベスト
これは孫っち①へ入学プレゼントに!と編み始めましたが
ところが どうしても大きくなってしまう
本の通り編みたいけど
私の昔からのクセで ながあみの足の部分が長くなってしまって大きめに出来てしまうのです
ゲージが取れないし BIGな方用になりつつあって・・・ちょっと苦戦
孫はどちらかというとチビなんです
せっかくなんでこの糸を使おうとしているので モタモタしています
春の入学式に間に合いそうもなくなってきて どうしよう!です
思い切って新しい糸を買ってくるか?別のものを編むか?思案中

久しぶりの編み物は 骨が折れます ha~

d0339028_15530783.jpg

連休も家で飲んびりしています
菜の花のおひたしや小松菜のおひたし 新生わかめで酢の物をしたり
食べることで 春を満喫しています
皆さんあちこちお出かけのようですね
連休明けたら どこかにドライブしてきます
 

                    今日も来てくれてありがとう!

[PR]
by bienes | 2017-03-20 15:58 | 好きなこと | Trackback | Comments(4)

結婚記念日

結婚記念日が間近に迫った頃
突然「ね、あなたが欲しがっていたアレ買おうか?」と夫が言った
しばし 私の沈黙
・・・
私「欲しいなあ~プレゼントしてもらいたいなあ~」
夫「えー? 今更まだ欲しいものがあるの?もういいんじゃないの?etc...」
私「まあそうなんですけどね~ モノはいっぱいあるし~
  でもモノじゃない気持ちなんだけどな~・・・
  女心をわかってもらえないのかしら?
  あ、でも気持ちにモノを添えていただくと 嬉しいかも~♪」

などなどの会話あり
まあどっちでもいいやーとあきらめて、すっかり忘れていたものですから
しばし 返答に困ったのです


          *****

せっかくその気になってくれたので
じゃ行こう!となりまして 先日出かけてきました

ちょうどお店に入るなり ステキ!これいい!と思うものが目に飛び込んできて
即、決定!
 
それがどんなものかは・・ひ・み・つ・です ((#^^#))


私はお返しに?! アップルパイを焼きました(と言っても短時間での超簡単なやつ!)
でも美味しく焼けました
お客様も来ていたのでみんなでお茶しました
「私たち無事これまでやってきました 皆さんこれからもどうぞよろしくお願いします」の気持ちです

昔 
娘が「お誕生日の日にケーキをやいて職場の人たちにお礼を言った」と話していたことがあって
私はその時「へ~!」とびっくりしたけど
考えてみれば 人は一人では生きていけないものだし
皆の助けやつながりの中で 今の自分があるのだから
そういう気持ちを彼女は素直に顕したんだなあ~と 嬉しくなったことを思い出しました


d0339028_12390273.jpg

”超簡単アップルパイ”

リンゴのコンポートにシナモンをいれ
○○会社さんの冷凍パイ生地に包んで

なんとオーブントースターで焼きました

上からの火加減が強かったのであわててホイルをうえにかぶせました
色々試行錯誤中なので
まだまだ改善の余地はありますが
そのうちに
超簡単で私好みの超美味しいアップルパイを皆さんに紹介しますね


PS,またまた美味しくいただいてしまいました!
なかなか体重減りません
近いうちに検査があります
結果がこわいです



                     今日も来てくれてありがとう!


[PR]
by bienes | 2017-03-19 12:57 | 家族 | Trackback | Comments(4)

GReeeeN-”キセキ”♪

もうすぐ○○回目の結婚記念日

来月のカレンダーを見てふと思い出した
「ねーこの日お祝いしようか~」と私
「え?なんだっけ?」と夫
私「まさか 忘れている?」
夫「いやいや う~ん」

もうあかん 今年も忘れてるーと心あきらめ感に染まるころ
「これ聴いてみて! 最後まで聴いてごらん」と
GReeeeNの”キセキ”
♪~~~♫~~~~~(^^♪


その日は 特に何もすることもなく 
淡々とした日々の暮らしの中の一日だろうけど
原点に帰る日 それまでをふりかえりつつ 新しく出発する日にしたいなあと思いました

結婚記念日 (Hochzeitstag)

                今日も来てくれてありがとう!

[PR]
by bienes | 2017-02-22 12:25 | お気に入り | Trackback | Comments(16)

人生の扉


久しぶりに竹内まりあの曲をきいた
大好きな声と曲

人生の扉

20代・・fun

30代・・great

40代・・lovely

50代・・nice

60代・・fine

70代・・alright

80代・・good

そして
90代・・live over

デニムが色あせていい色になっていくように人生もいい色に色づいていくのだ

私はfine 楽しく朗らかに生きていくのだな~♪(#^^#)

          今日も来てくれてありがとう!


[PR]
by bienes | 2017-01-18 23:41 | 人生 | Trackback | Comments(0)

クリスマスにサンタさんは来ましたか?
私は来ませんでしたよ (*_*;
いつごろまできてくれていたのかな~?
子どもが生まれる前くらいかしら?・・・

むかしむかし
「クリスマスなんか日本人はいらん あれは西洋の話 日本人は正月を祝ったらいい」と言う父の考えで
我が家はとんとクリスマスに縁がなかったのですが
小学生の時 父の転勤で引っ越したら お友だちにしゃれた街っ子が何人かいてお誕生日会がブーム
その延長でクリスマス会をしようと言うことになり
父に 涙と共に「私も行きたい~」と訴えました
母の助っ人や・世間のクリスマスブームが後押ししてくれて
以来毎年 ケーキとプレゼントが我が家にも到来(#^^#)

そして時は流れ・・
子どもたちが小さかった時
フィンランドのサンタさんにお手紙を書いて クリスマスにカードを届けてもらう準備もしました
「サンタさんからお手紙とプレゼントが届いたよー」と子供たちは大喜びでした♬

そうですこのころからですね 私にサンタさんが来なくなったのは~
ゆうべ「僕に サンタは来る?」と夫がきいてきたので
「来ないよーだって私にも来ないんだもの あなたにだけ来るなんて考えられな~い!」と叫んだら
元サンタは あはは~と笑っていました

          ・・・・・・

昼間はお友だちとクリスマスのお茶会をしましたが
我が家のイヴはいつもとあまり変わらずでした
私はTVでフィギャースケート三昧 夫はコーヒーでケーキを食べながらPCの前でいろいろと~
まあこんなクリスマスものんびりといいもんです
”楽に生きる やりたいことをやる 無理せず楽しむ”~人生こんな風に変わってきましたね

実は私 まだ年賀状を書いていません
なんだか 書く気がしなくて・・・
たいせつな叔母を見送ったこともありますが お付き合い半分のご挨拶がしんどくなってきて・・
年末に届いた訃報のお葉書には心をこめてその都度はがきを書きました
だもんで~年賀状は沢山用意してあるから 
いただいたらお正月にお返事の年賀状を書こうかな~って思っています
こういうのも今年はありかなあ~?って のんびりかまえています

大掃除も気になりながら でも腰も痛く足の骨折も完治していない私
「どうしようかな~」とつぶやいたら
「埃ではしなないよ~」と言ってくれたブログのCさんに励まされ?!
「そうだ!今年はやらないでもいいや~来年あったかい春になったらやろう」と都合よく自己納得

まあこんな年の瀬を送っております
こんなんで いいんでしょうかね~?・・ うんうん まあ これもいいんですよね~(#^^#)



d0339028_07524402.jpg

メリークリスマス!

来てくれてありがとう!



[PR]
by bienes | 2016-12-25 08:00 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

暮れの贈りもの

暮れは あちこちで贈りもの売り場がにぎわっています

  父や母がいなくなって数年したころから 「もういいかなあ~」と
  田舎の親戚との付き合いもだんだん減らしてきました
  私たちの兄弟や子供たちを中心にお付き合いをすることにしてきました
  心もとなく申し訳ない気もしたけど・・ 次の時代に向かって生きようと思ったから
  自分たちから先にお歳暮を贈ることはなくなってきました

そうした中でも
いつも私たちを気にかけていてくれる人たちがいます

  先日亡くなった叔母の家族・・もう父母の時代からいうと70年を超えるお付き合い
  親戚でも何でもないのにひょんなことから親戚以上の付き合いになってしまって
  私を孫や子どものように可愛がってくれた人たち
  いつもいつも気にしてくれていたし
  叔父は電話をするといつも「おっ、bienes嬢元気か?」と言ってくれる
  野菜やコメや地元の果物・お正月にはおもちも送ってくれていました

  遠くの叔母・・母も母の弟である叔父も逝ってしまったけど
  何故かずーっと年2回は何かを届けてくれる
  やさしい叔父の笑顔と叔母の顔がいつも浮かびます

  子どもの頃に知り合って 今は社会人 りっぱな娘に成長したAちゃん
  給料をもらうようになってから年2回いつも何かを送ってくれるのです
  いつだか母の日に手紙とケーキを送ってくれました
  遠く離れてしまったけど彼女の家族ともつながっているのはうれしいことです

  娘の嫁ぎ先の実家のお母さんからもこの時期になると何か送ってくださいます
  その時いつも長々と近況報告しあう仲になってしまったのが なんだかとても嬉しい
  私より年上ではじめの頃緊張していたけど 
  いつごろからかざっくばらんに話せるようになってきた
  (中身はいつも自分たちの健康の事が多いのだけど)

  忘れてはならないのが 夫の兄弟の事
  義母が亡くなってもう10年以上たつのに 
  お母さんのやってくれていたことを引き継いで
  兄やお嫁さん姉たちで 毎年夫の好きな干し柿を作って送ってくれるのです
  今年も立派な干し柿が沢山届きました (ふるさとの味も一緒に入って)
  「いいのかなあ?この年齢になってまだ送ってもらっているのは」と夫は言うけど
  「いいんじゃないの?いくつになっても弟だし、あなたももらって嬉しいんだから」と
  美味しく一緒にいただいています(#^^#)

  娘一家からは父の日と母の日にいつも嬉しい品物が送られてくる
  妹からも時々海外旅行のお土産で珍しいものが送られてきてワクワクする

  本当にありがたいことです

  (・・・息子からは?って・・うーん最近あんまりないですね~ 
    会った時のお土産はもらうけどね
   まあ元気が何より!と母は思っています ~息子には甘い母です)



送っていただいた美味しい味にほっこりしながら
贈ってくれた方の事を思い浮かべながらいただくのも格別な時間
さて私は何を送ろうかな?と お返しの品を描くのも また楽し



d0339028_19480609.jpg
干し柿が沢山ベランダに並びました

d0339028_19571077.jpg

こんなに大きな干し柿です

毎年大きな柿を探して皆さんで皮をむいて
紐につるし熱湯につけて消毒
車庫の屋根の下に干すのだそうです
「兄弟そろっての恒例行事よ」と兄のお嫁さんが笑います
ありがたいことです



今日も来てくれてありがとう!
            



[PR]
by bienes | 2016-12-23 20:24 | 暮らし | Trackback | Comments(6)

北条鉄道ー秋の旅

『関西の紅葉見納め』というYV番組を観ていると
あの北条鉄道の事が出ていたので チャンス!
以前から一度は乗ってみたかった 北条鉄道に乗りました
  ~さながら 関口さんの”世界鉄道の旅”気分?!~

北条鉄道は
1両です。単線です。
田舎の風景の中を走ります。
すべて無人駅です。だからワンマン列車です。
  ~今年若い女性が採用となり これで女性は3人になったそうです。
  ~でもその日は おじさまでした! ちょっと残念(^_-)-☆


さて車両に乗り込むと 子どもたちの絵が飾ってあって思わずにっこり
どの絵も可愛く力強く 北条鉄道大好き!な気持ちが伝わってきました

d0339028_13002874.jpg
いざ出発!
ごとごと揺れながら走ります
レールの長さが短い? ~でもこの揺れが ローカル線の良さでもあります

駅に着きました
だれも乗らないし誰も降りません
よくみると駅舎がギャラリーになっていて おじさんがお掃除をしていました

つぎの駅でも やっぱりだあれも乗り降りしません
でも運転手さんが何かをもって降りて走っていきました
何かを受け取ったおばさんが幾度もお礼を言っていました
隣に野菜販売所がありました 何かのお届け物?
懐かしい風景です


  昔バスや汽車で運転手さんや車掌さんにお弁当を届ける風景を見かけました
  そういう私も母の代わりに父の職場(駅)に 夜食を届けた時があります
  昔 国鉄の官舎に住んでいた頃
  夜勤の父の小腹がすいた頃に 列車時刻を見計らって何か届けていたのを思い出しました



列車は 民家の横を走り 川を渡り 木立の中を抜けていきます
広がる稲刈りの終わったたんぼの向こうに 山々が拡がっていました




d0339028_13203547.jpg


d0339028_13162250.jpg

d0339028_13422876.jpg



あいにく紅葉は終わっていましたが ・・・
(後で聞いたら 2週間前の撮影だったそうでした 来年は11月になったらすぐ乗ろう!)
何だかとっても いい時間を過ごしたような気がしました

d0339028_13135723.jpg
TVで観たのはきっとこの駅の風景だわ
来年楽しみに また来ます


          ******


乗客の皆さんもいろいろでした(平日の午前中の様子)
  往復一緒の方がいました
  ママさんが子供と共に乗ってきていっぱい子供の喜ぶ写真を撮っていました
  駅近くの内科へ通院中のおば様2人いました
  通勤?お出かけ?乗り継いで加古川方面に行かれる方
  私たちのように ミニ旅を楽しんでいるような方々もお見受けしました
  予想以上に利用されている様子に びっくりしました


あちこちの駅ではクリスマスの飾りつけ真っ最中
(クリスマスのサンタ列車が運行される予定らしいです♪)
駅のお掃除をしている方 イルミネーションの取り付け工事の方
駅それぞれで特徴があり工夫がされています
ギャラリーに喫茶・パンジーの庭、日本庭園風、五重塔もあったり・・・それぞれいい感じ
今度は車で駅を回りたいな~とも 思いました

北条鉄道を愛し 応援している方々がきっといらっしゃるのでしょうね
そんな空気を感じました


d0339028_13064872.jpg
d0339028_14282862.jpg
d0339028_13082737.jpg
d0339028_13145074.jpg
d0339028_13122332.jpg



d0339028_13185166.jpg


北条駅を出発して終点の栗生へ 
そしてまた戻ってくるという 往復1時間¥420の旅
行きはしっかりと風景を楽しみ 帰りは写真を撮りました
ゆったり、ほっこり♪
たまにはこんなローカル線のミニ旅もいいもんだと思いました

わたしたちも北条鉄道のファンになりました(#^^#)




          ******
《おまけ》

この北条鉄道は 鶉野(うずらの)町も通り
戦時中は特攻隊”鶉野飛行場”への輸送に重要な役割を果たしていたそうで 
人や荷物で賑わっていたそうです
~鶉野の飛行場跡地にも行きましたが ここから若者が飛び立練習をしていたのかと思うと やっぱり何とも言えない気持ちになります

戦後 廃線の声もあったようですが
残しておきたいと願う人たちの熱い思いが現在の北条鉄道の背景にあるようです
夫も「いざ乗ってみるとちがうなあ 支える人たちの思い・・みたいなのを感じるなあ~」と
つぶやいていました

プライスレスな心に残るミニ旅でした


          今日も来てくれてありがとう!



More
[PR]
by bienes | 2016-12-02 18:30 | お出かけ | Trackback | Comments(6)

羽生ゆずるーNHK杯

フィギャー大好き 
羽生選手大好きです
今回のNHK杯もビデオを撮ってあるので いつでも、何回でも、観れます(#^^#)

日本と言うこともあり NHK杯ではかなり気合がはいっていたみたいですね
カナダ大会の悔しい思いをバネにして 修正してきたそうだけど
足の怪我をこえて よくぞここまで・・と母にも似た思いで拍手を送りました

震災から オリンピックを目指してカナダでの練習の日々
くじけそうになるとスマホ画面での金メダルをみて 自分を奮い立たせていたこと
いくつもの怪我を乗り越えて 今までやって来たあきらめない強い心
こうして再び日本で優勝してファイナルへの切符を手に入れました

彼の天性のものもあるでしょうが 幼いころからそれを支えてきた家族の支えを、思います
お父さんお母さんお姉さん・・どれだけ嬉しかったことでしょう
羽生ゆずるという子どもは世界で活躍するskaterに成長しました
氷上で滑る羽生選手を観ながら
彼の後ろには いつも支えてくれる家族がいるんだなあと思います
そしてその後ろには彼を支えるチーム羽生や応援する沢山の人たちがいるんだなあと改めて思いました


それにしても 今年のエキシビジョンは素晴らしかったですね
ハードな曲から一転して白鳥のように柔らかく氷上で舞う姿・・
息もせず?見入ってしまいました
解説の織田さんが「生まれてきてくれてありがとう。スケートをしてくれてありがとう」と言っていたような・・
本当にその通り、 私も「ありがとう!」

   札幌オリンピックで 
   ジャネット・リン選手の可愛さに日本中が魅了され
   フィギャーブーム
   以来 私もフィギャースケートファン

 グランプリ・ファイナルが楽しみ!!


            今日も来てくれてありがとう!


(おまけ)

         

 

[PR]
by bienes | 2016-11-28 22:23 | お気に入り | Trackback | Comments(2)

夫の助け

今日はちょっと書かせてください(#^^#)

大きい声で面と向かっては 言えないので こっそり?書きます


退院してきた当初は ある意味忍耐の日々
トイレに行くのがやっと
(これだけは他の人に代わってもらう訳にはいけませんし、我慢も出来ませんしね)
思うようにならないことばかりで・・・
  一度だけ夫にあたっちゃいました!
  退院したら不自由さの中で どんな自分がでてくるか?楽しみでもあり・・
  なんて言っていたのは 自宅での暮らしが始まったら吹っ飛んでしまった!


今は
つつがなく
毎日がとどこおりなく
それなりの暮らしができるようになりました


工夫をこらしても できないことはできない!
頼るしかありません 夫に! 友人にも!
現実を受け入れて とにかく治るまでこの暮らしでやっていくんだなあと
腹を決めました

夫も 腹を決めてくれたのでしょうか?
よく世話をしてくれます
まあとにかく 結婚以来 初めてですね~
こんなに世話をしてもらったのはね

食事・買い物・シャワー・洗い物などなど
お掃除はほどほどですがー (今は気になりませんよ)
彼の布団は敷きっぱなしー (すみませんね 私がベッドを独り占め^^;)

昨日
「シャワー気持ちよかったわ~」というと
「妻が機嫌が良いのが一番」とか

  ははは~
  どんだけ私が文句言ってるねん?
  感謝はすれどあんまり言ってないでしょ?
  あ、でも時々・・・ありましたね
  今は一切ありませんよ~
  (心の中で つぶやきました(#^^#))

「こんどはいつか 私が おむつを替えてあげるからね~」というと 彼 笑っていました
(この歳になってくると こういうことも言い合えるんですね~)

まあ、そんなこんなで
今日も無事 一日が終わろうとしています

d0339028_17302043.jpg


                    最後までよんでくれてありがとう!


[PR]
by bienes | 2016-10-31 17:37 | 家族 | Trackback | Comments(6)