ブログトップ

ドイツ語のある暮らし

父の命日に

父を見送って 9年になります
お墓には遠くていけませんから お仏壇で合掌

もうずいぶん経つのに 父のことが鮮明に 私のこころに 時々顕れてきます
厳しい人でした 
努力の人でした
情の深い人でした・・

晩年 癌になり手術をしましたが再発 再び手術 3か月後に亡くなりました
3年生存率は50%に期待をしましたが (しないほうの50%でした)
セカンドオピニオンも勧めたけれど 昔気質のひとで
「主治医に申し訳ない」と言いました
再発した時も 出向の医者が「私の大学病院に紹介しますよ」と言ってくれたのに本人は断りました

余命数か月の頃
たまたま近くに総合病院が出来て そこに転院・通院
やがて入院 3週間くらいでなくなりました
痛かったしきつかったこともあったでしょうが あまり言いませんでした
死を受け入れているようでした
「これが運命だ やり残したことはない ・・ただ母さんのことが心配だ・・」


いろいろ思い出されますが こころに残るのは
晩年いっぱい話しができたことでしょうか
そして何よりも最後の最期まで”生きざま”を 身をもって教えてくれたことでした
親として 一人の人生の先輩として・・

父が2度目の手術をしてから 母も体調を崩していたので 遠距離看護
そして最期の日々を病院のベッドの横で看護
そんな中で 人生の事・生きるということ・死ぬということ・・いっぱい沢山の事を伝えてもらったような気がします

晩年 あんなに厳しかった父が穏やかでした
戦争で満州に行った事・新婚時代の事・私たちが生まれたときのことなどいっぱい話してくれました
時には2時間近くも「あー疲れた 楽しかったけど今日はおわりー」という日もありました
私も始めて聞くことが多かったです
そして 数か月後 母のことを私たちに託し
私たちを抱きしめて有難うと言って 出発して 逝きました


病院のベッドのそばでいろいろ話している時 言いました
「箱がひとつある お前が読んだら燃やしてくれ お前が読んでくれたらそれでいい」

私 父を見送った後で その箱を開けました
昔の私や孫たちからの手紙や赤茶けた育児手帳 自分史・日記や写真の切り抜きなどが きちんと整理されてありました
夫や妹や孫たちに「観る?」と聞いたけど
「代表して読んで 燃やして」と言われました

でもまだ 燃やせていません いつでもその気になったら燃やせるし~と
モノは 誰かに使ってもらったり欲しい方に差し上げたり 焼却場に運んだりしましたが
父の思いが詰まった(と感じる)ものは まだ燃やせません
何なのでしょうね 以来観ていないし
箱には再びガムテープを張って押し入れの中に入れたままなんですけどね・・


父の真似をして
まさかの時のために メモを書いてあります
 「いざとなったら救急隊員の人にみせてね
 意識の無くなった時に緊急入院したら Dr.にこれを必ず見せてね」と夫にも伝えてあります
 子どもたちにも伝えてあります
 「人生いつ何が起こるかわからないからね~」と
内容は必要以上の延命治療はいらないとのこと


  そうそう ”脳死の場合の臓器提供の意思あり”も免許証の裏に書いてあります
  これは若い頃から考えていることですが
  ただ どこもかしこも最近ではメンテナンス必要となり人様に使ってもらえるようなものはないかもしれませんが
                                             (#^^#)


          **********


先日息子が遊びに来ました
彼が仏壇に手を合わせている姿
横に飾ってある夫と私の両方の親たちの写真がふと目に入り 
こうしていのちって繋がっていくんだな~ってしみじみ思いました


「仏さまにお願いはしない方がいいのですよ
お願いばかりをしていると 仏さまに心配をかけますから
いつも見守っていてくださってありがとうございますと感謝して手を合わせましょう」と
いつかの住職さんのお話が心に残っていて
以来 「いつも見守っていてくれてありがとう」チーン!です



                     読んでくれてありがとう!

  

[PR]
by bienes | 2016-09-20 22:52 | 家族 | Trackback | Comments(4)

お片付けー遺品整理編

Guten Tag!
こんにちは
Wie geht es Ihnen?
お元気ですか?

d0339028_14525051.jpg



大型連休は晴れるようでよかったですね
私はのんびりうちで過ごします~というか行く所も行く予定もない?
最近はなんだか人ごみがちょっと苦手になりまして
(気合と準備が必要になってきました)
行ってみたらすごく充実していて楽しいのですが・・


この大型連休は お家でごろごろ のんびりとゆっくり日ごろやりたかった家の事を
やり放題の日々にしようと思っています
あい間にちょこっと新緑の森へお写ん歩

   *”お写ん歩”っていい言葉・いい響き~
    ”White Love"ブログのあこさんが使っていて私もまねっこ♪

          ******


押し入れの片づけをやろうかなと思っています
こころの片隅にいつも押し入れをすっきりさせたいなーというのがあります

そして そのお片付けの中でも
難題なのが 父と母の遺品と言われるものの整理
随分片付けさせてもらったけど まだ手を付けられないものがいくつかーいえ沢山残っています
写真や父の書き物母の手編みもの・そしてそしてetc...押し入れの一角を占めています

父や母が大事にしていた趣味の収集モノ・飾り物・大量の蔵書・大切にしていたぐい飲みやカップなどの高価なものは
今までに親戚や友人・図書館などなどへ送り出して
不動産屋のおじさんが気に入ったとかでアンチークな柱時計もあげちゃいました

今放せないのが 母が使っていた茶碗や父が書いた随筆?や大事にしていた小物類
オリンパスの30年代のジャバラのカメラは燃えないゴミに出してしまったというのに(ちょっと勿体なかった?!)

いつかは「ありがと・さよなら・いってらっしゃい~」をしなくちゃと思うのだけど
ついつい後回しになってくる
自分のモノはせめて今のうちに!と思っているのですがそれも遅々たる歩みです
(子供たちからは今のうちに片付けておいて!と言われています^^;)

まあ価値観は人それぞれなのですが
私は 『思い出』がプライスレスなのでしょう

   

しかしいつかは
これは私がいつかは 
やらねばならぬこと

最後の父と母への親孝行かもしれません

というわけで
晴れた一日は エイ・ヤ!
押し入れの中のものを引っ張り出し 奮闘しようと思っています





          来てくれてDanke schoen

[PR]
by bienes | 2016-04-30 14:55 | お片付け | Trackback | Comments(2)

人生はいろいろあって 毎年様々なことがおこります

去年はダンナが骨折したり 膝を悪くしたり
私も薬がふえました
あちこち 旅もしました 
義兄の一人のガンがみつかったり~ 結婚や出産もききました
友人の死と・・ 身近なあちこちで いろいろなドラマがありました

人生こうして振り返ると
まあ同じようで 毎年いろんな想定外も起こりながら 誰もが年を重ねていっているわけです

          **********

   前置きが長くなりましたが ここからが本題

さて みなさんは 自分がぼけるとおもいますか?あるいは 最近ぼけてきたと思いますか?
ぼけたねっていわれたことがありますか?
 

私の母は88で見送りました
最期のころは 子や孫の名前が混乱していたし料理の仕方も忘れていました
置き場所を忘れて「あんた どこかにもっていった?」と聞いて来て 一緒に探しました
昔のことはよく覚えているけどここ数年のことは靄の中 覚えていても前後混乱でした
でもたまに それはこうしたらいい!とか適切な子供(私)へのアドヴァイス
頭のさえている時もあり 「さすが母親!」と 驚かされることもありました

「自分でも最近覚えられないし忘れることが多いの~」と母自身ショックもあったらしいけど
順調に老いていっていたのでしょう

私は そんな母の世話をしながら 何年も母中心の生活があり 
たのしくうれしい時・やさしくできる時もあれば 疲れて母にきつく接するときもありました
娘の私 言いたいことを言いつつも できる限り一生懸命お世話もしました
   ・・・・・

でも時々反省します
もっとやさしく声かけてあげたり世話してあげたらよかったな~って 思いだすんです
 (私の中の母さんは いつもやさしく微笑んでいるんです)
母は「娘だからあんたに甘えているね~」と 病院で最期のころ トイレに支えていく私に言いました
母も喜んでくれていただろうし 私も精いっぱいお世話できたから それはよかったなあと思っているけど・・

「母さん最近ぼけてきているよ。もう何回も同じことを言っているよ」とかEtc
そんなに悪気はなかったつもりだけど  「ぼけた」という言葉を使ったことは
母さんにはどう聞こえていたのだろう?と・・・

   
  親戚たちが集まったときに 最年長の私の言動に 「ぼけてるよ」とツッコミをいれられると
  それは親愛の情であるとしても ちょっと寂しく悲しい気持ちが ふとこころどこかに湧いてきます
    (これは誰にも言っていませんけどね)

自覚はあっても 自分では口にしていても
それを誰かに言われるとちょっと かなしい気持ちになるんですね

母のことを思い出します 「母さんごめんね」

  この年齢になってみての実感ですね ^^;


[PR]
by bienes | 2016-01-04 15:41 | 人生 | Trackback | Comments(0)

”終活”をたのしむ

友人が亡くなった。
12月に入り訃報のお知らせが6枚届いた。
物心ついてから今までに、何人の方たちの旅立ちを聞いただろうか

ここ10年ぐらいは 身近なひとを見送るたびに
最期をどんなふうに終わりたいのか?特別なことではなくなった

父や母の世話をすることで 一番大きなテーマを身をもって伝えてくれたような気がする
だから ”お別れ”はとてもさびしいことだけど いつかはやってくることで
だからこそ その分今をしっかり生きることだと 
人生の大事なことをおしえてもらったような気がしている

父はドクターにお手紙を書いていた(私たちにも見せてくれていた)
主な内容は 治療はやってほしいが必要以上の延命は望まないという内容だった
Dr.はその意思を尊重し 私たち子供たちの意思を確認しながら 最期を見守ってくれたと思う
母も父のように逝きたいと元気な時に、事前に伝えてくれていた
だから 茶飲みばなしに 生も死も病も結婚も孫の話もTVの話もなんでもいっぱいすることができた


それからも 友人の生き様や TVやネットで終末期を迎える人たち・家族の様子をみたり
町医者である長尾Drの ブログも 目からウロコの内容で 愛読させてもらったり
いつしか”死”は突然やってくることも 少し・あるいは長い準備期間をそえてやってくることも
改めて自覚するようになったかな


いつ命の終わりがくるか?びくびくしてはいないけど
”生きている””生きること”の実感は 日々持っていたいと思う
悔いのないところで生きたいし、逝きたいというのが 一番大事にしたいところかな

ゆうじんとの会話の中で 改めてふとそんなことを思ったので 書いてみた


(いつもこういう話をすると ダンナは 『人生思い通りになんか行かないよ~』という
 かもしれないし・・でも まあ、私の人生だから 終活もいろいろ楽しんでおくことにしています)

          ・・・・・・・

  *最近Deutschの話題がすくないなあ~と自覚
   今クリスマスの歌を練習しており、そのうちいくつかは歌えるようになります~emoticon-0159-music.gifemoticon-0105-wink.gif



[PR]
by bienes | 2015-12-18 12:34 | 人生 | Trackback | Comments(0)

先日TV番組で『老衰』をみて なんだかとても感動してしまったが
(母のことを思い出して・・・)
でも、いつも観ているアピタルの【町医者だから言いたい!】長尾和宏医師の記事や 長尾医師のブログを読んで
「ちょっと待てよ、一言では語れない終末期医療の現状なんだ」と思った
・・・・TVは製作者側の意図がある
長尾ドクターは現場の医師や職員家族は素晴らしいが、『はじめに結論ありき!で作られているようだ』といっておられる
「う~ん そうかもしれない」と思ったなぜなら すべてがうつくしくうまくいっていたから・・
『現場は 実際はもっと悩み苦しみ混乱し、その中でみんな葛藤しながら次を見出そうとしている』~そんなことも言っておられたように思う

何かを判断するときに
ちょっと冷静になって 物事を観る・考えることの大切さを 改めて思った
感動・納得それはあるとしても、事実はどうなんだろう?と
自分のこころに探っていく姿勢が大事なんだと

Gedanke ist nicht ein!
考えは ひとつじゃない (このDeutschの表現 間違っていないかな?)

und Neues muss nicht immer richtig sein!   そして ニュースが常に正しいとは限らない




[PR]
by bienes | 2015-09-23 22:01 | いのち・健康 | Trackback | Comments(0)