私を「ボケた」と言わないでね~!

人生はいろいろあって 毎年様々なことがおこります

去年はダンナが骨折したり 膝を悪くしたり
私も薬がふえました
あちこち 旅もしました 
義兄の一人のガンがみつかったり~ 結婚や出産もききました
友人の死と・・ 身近なあちこちで いろいろなドラマがありました

人生こうして振り返ると
まあ同じようで 毎年いろんな想定外も起こりながら 誰もが年を重ねていっているわけです

          **********

   前置きが長くなりましたが ここからが本題

さて みなさんは 自分がぼけるとおもいますか?あるいは 最近ぼけてきたと思いますか?
ぼけたねっていわれたことがありますか?
 

私の母は88で見送りました
最期のころは 子や孫の名前が混乱していたし料理の仕方も忘れていました
置き場所を忘れて「あんた どこかにもっていった?」と聞いて来て 一緒に探しました
昔のことはよく覚えているけどここ数年のことは靄の中 覚えていても前後混乱でした
でもたまに それはこうしたらいい!とか適切な子供(私)へのアドヴァイス
頭のさえている時もあり 「さすが母親!」と 驚かされることもありました

「自分でも最近覚えられないし忘れることが多いの~」と母自身ショックもあったらしいけど
順調に老いていっていたのでしょう

私は そんな母の世話をしながら 何年も母中心の生活があり 
たのしくうれしい時・やさしくできる時もあれば 疲れて母にきつく接するときもありました
娘の私 言いたいことを言いつつも できる限り一生懸命お世話もしました
   ・・・・・

でも時々反省します
もっとやさしく声かけてあげたり世話してあげたらよかったな~って 思いだすんです
 (私の中の母さんは いつもやさしく微笑んでいるんです)
母は「娘だからあんたに甘えているね~」と 病院で最期のころ トイレに支えていく私に言いました
母も喜んでくれていただろうし 私も精いっぱいお世話できたから それはよかったなあと思っているけど・・

「母さん最近ぼけてきているよ。もう何回も同じことを言っているよ」とかEtc
そんなに悪気はなかったつもりだけど  「ぼけた」という言葉を使ったことは
母さんにはどう聞こえていたのだろう?と・・・

   
  親戚たちが集まったときに 最年長の私の言動に 「ぼけてるよ」とツッコミをいれられると
  それは親愛の情であるとしても ちょっと寂しく悲しい気持ちが ふとこころどこかに湧いてきます
    (これは誰にも言っていませんけどね)

自覚はあっても 自分では口にしていても
それを誰かに言われるとちょっと かなしい気持ちになるんですね

母のことを思い出します 「母さんごめんね」

  この年齢になってみての実感ですね ^^;


[PR]
トラックバックURL : https://bienerose.exblog.jp/tb/22737950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by bienes | 2016-01-04 15:41 | 人生 | Trackback | Comments(0)

ひょんなことからドイツ語を学び始めました!人生っていくつになっても花いっぱい♪日々のくらしもつづっています


by bienes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31